プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

大泉洋×柳楽優弥、『浅草キッド』の“師弟愛”がエモい 場面写真一挙解禁

Netflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)伝説の芸人・深見千三郎(大泉洋/右)と若き日のタケシ(柳楽優弥/左)の画像

Netflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)伝説の芸人・深見千三郎(大泉洋/右)と若き日のタケシ(柳楽優弥/左)

 ビートたけしが作詞作曲した「浅草キッド」、そして自叙伝「浅草キッド」を原作に、劇団ひとりが監督・脚本を務め、大泉洋が伝説の師匠・深見千三郎を、柳楽優弥が若き日のタケシを演じるNetflix映画『浅草キッド』(12月9日より世界独占配信)より、“笑い”に懸ける師弟と彼らを取り巻く登場人物たちの場面写真が公開された。

【画像】Netflix映画『浅草キッド』場面写真があと8点

 もはや説明不要とも言えるビートたけし。芸人としてだけではなく、俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、特に映画監督・北野武としては“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに“唯一無二の天才”。そんな彼の原点は、昭和40年代の浅草にあった。

 大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、伝説の芸人・深見千三郎(大泉)に弟子入りしたタケシ(柳楽)。当時、独特な指導で、舞台上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求めた深見は、東八郎、萩本欽一といった大人気芸人を育てあげていた。その深見の元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。お茶の間を席巻した大人気芸人を多数育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能にあふれる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描く。

 場面写真は、浅草フランス座の裏口で、深見とタケシが、まるで互いの夢を語り合っているかのようなエモーショナルなカットや、タケシの運命を変えたエレベーターでの深見とのシーンなど、二人の関係性が伝わってくるもの。

 そして、夢を語り合う仲間である浅草フランス座の踊り子・千春(門脇麦)とタケシが並ぶカットや、深見と共に常に明るくフランス座を切り盛りする深見の愛妻・麻里(鈴木保奈美)の団らんの場面なども。千春と麻里は、深見とタケシにどんな影響を与えるのか、気になるカットとなっている。

 ほかにも、生き生きとした表情で相方のキヨシ(土屋伸之)と漫才を披露するタケシの姿や、タケシが真剣な眼差しで正座をして深見に笑いを学ぶ姿、さらにステージ上でタップダンスをする深見とタケシなど、“笑い”と“芸ごと”に生きる深見とタケシの師弟愛を感じさせる場面カットには、誰にとっても大切なものが詰まっているようだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ