プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『お笑い有楽城』TAIGA、まんじゅう大帝国、ファイヤーサンダー、カカロニら火花

『オールナイトニッポン0(ANN ZERO)~決戦!お笑い有楽城~』の模様(※写真撮影時のみマスクを外した状態) (C)ORICON NewS inc.の画像

『オールナイトニッポン0(ANN ZERO)~決戦!お笑い有楽城~』の模様(※写真撮影時のみマスクを外した状態) (C)ORICON NewS inc.

 ニッポン放送と日本音楽事業者協会が2008年から半年に一度、共同で制作を行っているラジオ番組『オールナイトニッポン0(ANN ZERO)~決戦!お笑い有楽城~』の公開収録がこのほど、東京・有楽町のニッポン放送内で開催された。新型コロナウイルスへの予防を考慮して、“無観客”での実施となったが、若手芸人8組が火花を散らした。

【前回は】XXCLUBが優勝で『ANN0』特番

 今回は、TAIGA、ネバーギブアップ、まんじゅう大帝国、ターリーターキー、はつぞのゾノ、ファイヤーサンダー、ドンデコルテ、カカロニが出場。審査員は、松村邦洋、鬼越トマホーク、岡田紗佳、放送作家の松田健次氏、ANNチーフディレクターの金子司氏が担当した。

 歴代優勝者は、マシンガンズ、ラバーガール、いとうあさこ、フォーリンラブ、なすなかにし、三拍子、磁石、バイきんぐ、モグライダー、あばれる君、湘南デストラーデ、ダブルブッキング、ピスタチオ、メイプル超合金、笑撃戦隊、エル・カブキ、ペンギンズ、卯月、岡野陽一、EXIT、スタンダップコーギー、鬼越トマホーク、XXCLUBと多彩なメンバーが並ぶ同大会。この日は、ガラス張りで観客の声が全く聞こえないラジオブースで、予選ラウンドは2分、決勝ラウンドは5分の持ち時間を使ってトークを展開した。

 大会の様子は、9日の深夜3時より放送。優勝者には、ANN0パーソナリティー権と優勝賞金10万円が与えられる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ