プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

志尊淳「どうか、どうか生きてください」 観客に切実なメッセージ

ドキュメンタリー映画『人と仕事』の初日舞台あいさつに出席した志尊淳 (C)ORICON NewS inc.の画像

ドキュメンタリー映画『人と仕事』の初日舞台あいさつに出席した志尊淳 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の志尊淳、森ガキ侑大監督が9日、都内で行われたドキュメンタリー映画『人と仕事』の初日舞台あいさつに出席した。

【写真】色気がエグい…志尊淳×江口のりこのラブシーンカット

 本作は、有村架純と志尊が、新型コロナウイルスに打ちひしがれた日本の職場で働く「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家や、声なき仕事人たちの現状をレポートしたもの。2人は、役ではなくそのままの自分としてスクリーンに登場し、さまざまな職業を体験し、演技ではなく、ありのままの言葉や表情で、職場が直面する問題に触れ、現代社会の陰影を浮き彫りにする。

 当初予定されていた劇映画に向けて準備をされている中で、撮影1ヶ月前という時期に緊急事態宣言が発令され、制作が中止に。その後、ドキュメンタリー映画へ形を変えて、撮影を敢行した。

 異例の事態に志尊は「まずは劇映画がなくなってしまったことにショックな気持ちがありました」と本音をのぞかせつつ「でも僕たちだけじゃなく、大事な行事がなくなった方はたくさんいる。その中で作品を届けられる機会をいただけたことはありがたいことだなと思いました」と前を向いた。

 初となるドキュメンタリー作品の出演で「僕を含め、皆さんが何をしたらいいか分からない状況だったので、とにかくやれることをやってみようと。僕もできるかぎりのことを頑張りました」と志尊。“インタビュアー”として出演した本作の完成版を見て「普段の出演作品は、役を演じているので物語として見れるんですけど、今作は自分がインタビューさせていただいた方や、ほかに出られた方が『この作品に出てよかった』と思ってもらえるかな? という気持ちで見ていましたね」と振り返った。

 最後には、駆けつけた観客に向けて志尊が「まだまだコロナもそうですし、最近は地震や災害があります。皆さん、どうか、どうか生きてください。またお会いできることを楽しみにしております」と切実な表情でメッセージを送った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ