プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

有村架純×志尊淳、「ひとりじゃない」映画『人と仕事』で得た気づき

ドキュメンタリー映画『人と仕事』(10月8日より3週間限定上映中)出演する有村架純、志尊淳 (C)2021『人と仕事』製作委員会の画像

ドキュメンタリー映画『人と仕事』(10月8日より3週間限定上映中)出演する有村架純、志尊淳 (C)2021『人と仕事』製作委員会

 有村架純と志尊淳が出演するドキュメンタリー映画『人と仕事』が10月8日より3週間限定上映中。有村と志尊はともにドキュメンタリーは初出演。台本があって、物語の中に生きる役を演じるのとは異なる映画作りに参加し、新しい発見などがあったのだろうか? 

【動画】映画『人と仕事』スペシャル映像

 この映画は、『新聞記者』(2019年)、『パンケーキを毒見する』(21年)など、話題作を次々と送り出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画。有村と志尊が、コロナに打ちひしがれた日本の職場で、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士など、声なき仕事人たちの現状をレポート。二人の俳優が、一仕事人として、現代社会と向き合い、仕事の意味を再発見し、私たちが生きて行く上で切っても切り離せない仕事とというものの価値を改めて見出していくドキュメンタリー。監督は、『さんかく窓の外側は夜』などの森ガキ侑大が務めた。

――当初予定されていた劇映画に向けて準備をされている中で、撮影1ヶ月前という時期になって、緊急事態宣言の発令で制作中止となってしまったそうですね。しかし、ドキュメンタリー映画へ形を変えて出演オファーされた際のお気持ちと、出演を決意したきっかけなど教えてください。

【有村】ドキュメンタリー映画に携わったことがなかったので、果たしてどうなるのかそこだけが不安で。自分が皆さんとお話できるのかな、というところもありましたし、とても悩みました、正直。けれでも、プロデューサーさんや制作の方たち皆の熱量を感じましたので、志尊さんと一緒に頑張りたいなと思いました。

【志尊】まさか撮影がなくなることになるとは思っていなかったので、正直残念だなと思ったんですが、世界中の皆さんが我慢をしている状況でしたので、その中で河村さんにドキュメンタリーをやりたいんだというお話をお伺いしました。その時はまだ未知のウイルスでしたが、前を向いてやるしかない状況でしたし、とにかく自分にできることは頑張ってやりたいという思いが強かったので、河村さんの熱量にも押されてみんなでやりましょうという形になりました。

――有村さん、志尊さんお二人ともドキュメンタリーは初出演。普段は台本があって、物語の中に生きる役を演じるお仕事ですが、違う状況に新しい発見などありましたか?

【有村】あまりカメラを意識したくないと思いました。本当にただそこにいる方たちとそこにいるということを大事にしたくて。皆さんはカメラに慣れてらっしゃるわけでもないですし、「本音で話してくれ」とこちら側が強制するわけにもいかないですし、そこをどうすれば心を開いて少しでもお互いが歩み寄ることができるかな、という模索はあったんですけれども、皆さん本当に優しい、温かい方たちばかりだったので、少しお話しさせていただくと、笑顔だったり、いろいろな表情だったりを見ることができて、歩み寄るということは本当に大事だなって。すべてはわからなくても理解したい、という気持ちを持つことがとても大事なんだなということを改めて感じました。

【志尊】普段は役に寄り添って、その役として生きるということをやっていて、もちろん自分自身をなるべく捨てながらやっている中で、今回は志尊淳としてインタビューしてくださいと言われたんですけども、考えてみたら、志尊淳という色を出してはいけないな、と僕自身は思いました。自分の主観的なことだけで質問をしてしまうこともあまり良くないのかなと思いつつ、表面的な質問をしてもインタビューされる側は嫌な気持ちになると思うんです。だからどうしたらいいんだろというところで正直悩んだりはしたんですけども、とにかく聞くことしかできないけれども、自分ができる限り寄り添えたらいいなという思いでやりました。なので、発見には至らなかったです。完成した今でもまだ正解がわかってない状況ではありますね。

――できあがった作品をご覧になっていかがでしたか?

【有村】普通の物語の作品とは違うので、自分の生きている世界、自分の生きている日常と地続きで、その作品がそばにあるという印象があって、作品を観た時にも、だからこそ遠く感じなくて、本当に隣にいるような感じがしました。心強さもあるし、何て言うんでしょう、ひとりじゃないんだなって思いました。

【志尊】自分がインタビューしているので、どうしても主観的になってしまう部分があり、初めて観る人とは違う見方になってしまうだろうと思っていたんですけれども、作品を通してさまざまな人たちからお話を聞いて、さまざまな想いを聞いて、有村さんもおっしゃっていましたけれども、自分だけではないんだなというか、たくさんの人も同じ状況で戦っているんだなと思いました。

 作品を撮っている時、僕たちはゴールの見えない、筋書きがない、どこに向かったらいいのかわからないという、この作品に向かう状況が、コロナウイルスと戦っている皆さんの状況とリンクするところがすごくあると思ったんですね。だから自分たちだけじゃないんだと思えたことがすごく心の拠り所になりましたし、自分が何かを届けたということよりも、自分が背中を押してもらったな、という作品になったなと思いました。

――この作品に携わり、いろいろな人たちからお話を聞いたことで、ご自身の仕事に対する思いに変化はありましたか?

【有村】私はお芝居をするという仕事を選んで今携わらせていただいてますけど、本当にいろんな職種のあるうちの一つ。立場というか職種によって、それぞれの葛藤や苦悩というものがあると思いますけれども、一人ひとりが懸命に生きているということがすごくエネルギーになるし、自分も一生懸命に生きたいな、目の前にあるものに対して一生懸命でありたいな、とシンプルに思いました。

【志尊】いろんな方の話を聞いて、たくさんのことを知ることで、思うこととか、考え方の変化はあったんですけど、仕事に対する向き合い方が変わる、役をつくる上でのアプローチが変わるということではなくて、それよりも僕は今までの環境だったり、こうやって仕事をさせてもらって、周りに支えてくれる人がいるということが当たり前じゃないんだな、というのを本当に強く感じて、一つひとつを大事にしたいという思いと、あとやっぱり自分が信じてやり続けてきたことはきっと届いているんだという思いが強まりました。

 今までは僕自身、見てない人もいるし、自分が頑張っても誰かのためになれないし、と思うこともあったんですけれど、インタビューをしていて、僕のことを知ってくださっている方がいて、「志尊君がやってる作品を観て元気をもらったんです」と言っていただけるだけでもすごくうれしかったし、それと同時に頑張っていれば届く、というのはそれぞれの方が感じられることだと思うので、当たり前じゃないこの今の状況を大切にやっていきたいなということを感じました。

――これから映画をご覧になる方たちへメッセージをお願いします。

【有村】この作品を見てこう感じてくださいという思いはないんですけど、本当に皆さんそれぞれが考えることを大切にしていただけたらうれしいですし、私自身も仕事やこのコロナと共に生きていくということを考えながら、これからも生きていきたいなと思っています。なので一緒に手を取り合って歩いて行くような気持ちで、毎日を生きていければいいなと思います。是非この映画をよろしくお願いいたします。

【志尊】この作品に携わらせていただいて、たくさんの職業の方にお話を聞かせていただく機会を設けていただき、改めて僕自身たくさんの方たちに支えてもらって、たくさんの方たちの手によって生かされているんだな、というのをすごく感じることができました。この作品を見て何かを伝えたいということではなく、皆さんのそれぞれの思いを共有することによって、皆さんに少しでも寄り添えたらなという気持ちで作品を作らせていただきました。皆様への日頃の感謝とともにこの作品が届けばいいなと思っております。よろしくお願いいたします。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ