プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

脳出血に倒れ、言葉を失った…九代目 中村福助の8年間の闘いに密着

10日放送テレメンタリー2021『言葉を失った歌舞伎役者~中村福助 それでも舞台に向かう』に出演する中村福助 (C)テレビ朝日の画像

10日放送テレメンタリー2021『言葉を失った歌舞伎役者~中村福助 それでも舞台に向かう』に出演する中村福助 (C)テレビ朝日

 テレビ朝日系列の全国24社が共同で制作している、ドキュメンタリー番組 『テレメンタリー2021』。10日の放送では『言葉を失った歌舞伎役者~中村福助 それでも舞台に向かう』(前4:30~)放送する。大名跡中村歌右衛門の襲名直前、脳出血に倒れた九代目 中村福助。8年間にわたる後遺症との闘いに、テレビ朝日のカメラが密着した(※放送日時は系列各局によって異なる)。

【写真】右手まひのため左手で化粧をする中村福助

 人気・実力を兼ね備えた歌舞伎役者・九代目 中村福助。女形のトップとして数々の大役を務め、2014年春には“女形の大名跡”といわれる中村歌右衛門を襲名することが決まっていた。ところが襲名直前の2013年11月、突然悲劇が襲いかかった。重度の脳出血を起こし、なんとか一命はとりとめたものの、重い後遺症が残ることとなった。

 福助の身にふりかかった後遺症とは、右半身のまひ、そして言葉がうまく出てこない失語症。普通の生活もままならない状況で、ましてや歌舞伎役者としての再起は絶望的と思われた。術後ほどなくして、リハビリがスタート。腕や脚を動かすための地道な訓練や、基本的な単語や文を繰り返す言語のトレーニングを懸命に続けるが、医師が特にポイントと考えたのは“失語症”だった。

 歌舞伎の舞台に戻るためには、せりふをしゃべれることが必須条件。思うように気持ちが伝えられない、もどかしい日々。そんな中でも福助がハッキリと口にしたのは「もう一回、歌舞伎をやりたい」という強い意志。舞台への思いを胸に、家族と医師の支えを受け、“失った”言葉を少しずつ取り戻していく福助。

 そして、2018年9月、福助は4年10ヶ月ぶりに歌舞伎座の舞台に復帰した。演じたのは 、人気演目『金閣寺』の慶寿院尼(けんじゅいんに)役 。わずか3つのせりふだが、見事にこなして万雷の拍手を受け、リハビリを担当してきた医師をも驚かせた。

 2020年、世界中で猛威をふるった 新型コロナウイルスは歌舞伎公演にも大きな影響を もたらした。しかし、その間も福助は 舞台への思いをあきらめることなく、2021年9月には再び歌舞伎座への出演を果たした。

 今回は3年前の復帰以来、最も長い距離を舞台上で歩くことに。昔のように動けなくても、しゃべれなくても、それでも舞台に向かう、中村福助。 舞台への執念と8年間の過酷な道のり、そして彼の今を伝えていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ