プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

蒔田彩珠は「末恐ろしい」 “父”井浦新が絶賛

蒔田彩珠を絶賛した井浦新(右)(C)ORICON NewS inc.の画像

蒔田彩珠を絶賛した井浦新(右)(C)ORICON NewS inc.

 女優の蒔田彩珠、井浦新が8日、都内で行われた劇場オリジナルアニメ『神在月のこども』の初日舞台あいさつに出席した。

【動画】『おかえりモネ』みーちゃん役も話題!蒔田彩珠が笑顔でトーク

 同作は“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描いたもので、人々と神々、各地と出雲、島国の根にある“ご縁”という価値観を劇場オリジナルアニメで表現。日本各地で“神無月(かんなづき)”と呼ばれる10月が、出雲では“神在月(かみありつき)”と呼ばれる由縁、全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”を行うという云われを題材にしている。

 コロナ禍による公開延期を経て、ようやく封切りを迎えた。蒔田は「延期が続いていたので、ちゃんと皆さまに届けられるのか不安に思っていました」と本音をのぞかせつつ、観客から温かい拍手を浮かべると「よかったです」と安堵の表情を浮かべた。

 また、蒔田演じる主人公・カンナの父親役を務めた井浦は「蒔田さんとは共演経験があったのですが、その際は対峙する役柄でした。今回、娘と父という関係を演じられてうれしかったです」とにっこり。改めて蒔田の印象を問われると「末恐ろしいんじゃないですかね。彩珠さんは完全にオリジナルな部分を既に持っている。どんな現場で共演しても見たことのない彩珠さんを見ることになると思います」とリスペクトのまなざしを向ける。

 その言葉に「ありがとうございます」と恐縮しきりだった蒔田は「アフレコは、一人で収録することを当日まで知らなかったんです。皆さんに会えると思っていたので、すごく寂しくて(声優業が)初めてということもあってすごい緊張しました」と回想。公開初日に“父・井浦”と対面を果たし「きょう、お会いできてうれしかったです」とほほ笑んだ。

 舞台あいさつにはそのほか、新津ちせ、神谷明、白井孝奈監督、原作の四戸俊成氏が出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ