プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

西島秀俊主演『真犯人フラグ』“一番怪しい人物”は佐野勇斗 投票企画、第1回結果を発表

ドラマ『真犯人フラグ』ツイッター投票企画「#みんなの真犯人フラグ」ランキング表(C)日本テレビの画像

ドラマ『真犯人フラグ』ツイッター投票企画「#みんなの真犯人フラグ」ランキング表(C)日本テレビ

 俳優の西島秀俊が主演する、10月10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『真犯人フラグ』(毎週日曜 10:30)の「#みんなの真犯人フラグ」第1回結果が8日、発表された。今みんなに一番怪しまれている人物の第1位には、佐野勇斗演じる謎のITベンチャー社長・橘一星が選ばれた。

【写真】突然失踪する妻を演じる宮沢りえ

 今作は企画・原案を秋元康氏はじめ、大ヒットした同局連ドラ『あなたの番です』(2019)制作スタッフが集結し、来年1月期まで2クール連続で放送。平凡なサラリーマンの凌介は、妻・真帆(宮沢りえ)と高校生の娘と小学生の息子がある日突然、謎の失踪。“疑惑の夫”として世間の注目を浴びることになる。「あのダンナが殺したんじゃないの?」と、家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられながらも、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借り、真実を暴く戦いに挑んでいく。

 「#みんなの真犯人フラグ」は、怪しいと思う人にツイッターで投票し、ランキング形式で毎週結果を発表する企画。第1回の投票では、ITベンチャー『プロキシマ』を立ち上げた大学生起業家で社長の橘一星(佐野勇斗)が全体の31%の票を集め、1位に。2位は、素性の全てが謎の女・本木陽香(生駒里奈)、3位には主人公・相良凌介(西島秀俊)の部下で凌介と一緒に事件の解決に挑む二宮瑞穂(芳根京子)がランクイン。

 ツイッターでは「もちろん一星くんでしょ」「悪役の佐野勇斗が見たいです」「なんか怪しそうだから」といった声が寄せられた。“#みんなの真犯人フラグ”が立った橘一星は、事件についてどんな情報を握っていて、今後どうストーリーに関わってくるのか、放送をお楽しみに。

 番組公式サイトでは、上位20位までの結果を公開中。さらに、日テレドラマ公式YouTubeでは、各キャストに「あなたが真犯人ですか?」とバカなふりして直球の質問を投げかけるシリーズ動画も絶賛公開されている。ぜひ、今後の推理にお役立てを。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ