プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『龍が如く』総合監督・名越稔洋氏、セガ退社を発表 シリーズ制作は継続

名越稔洋氏 (C)ORICON NewS inc.の画像

名越稔洋氏 (C)ORICON NewS inc.

 セガは8日、人気ゲーム『龍が如く』シリーズ制作の新体制を発表し、総合監督・名越稔洋氏が同社を退社することが明らかとなった。シリーズ制作は継続される。

【写真】そっくり…『龍が如く7』堤真一&中井貴一のキャラクタービジュアル

 公式サイトでは、名越氏のほか、シリーズプロデューサー・佐藤大輔氏の退社も発表。「10周年という節目に、龍が如くスタジオは新体制へ移行いたします」とし、シリーズプロデューサーを務めた横山昌義氏がスタジオの代表・制作総指揮に就任した。

<名越稔洋氏のコメント>

この度、セガを退社するにあたり龍が如くスタジオトップとしてのポジションも同時に退くことになりました。

長きにわたってタイトルを応援して下さったユーザーの皆さま、そしてご協力いただいた皆さまには大変お世話になりました。謹んで、そして深く感謝申し上げます。私自身ここまで続けてこれたのは、たくさんの方からの学びを得ながら挑戦を繰り返す姿勢を貫き、また同時にその想いを支えてくれたスタッフのおかげに他なりません。

そしてきょうから新生・龍が如くスタジオが誕生します。つまりタイトルは今後も継続されていきます。そこで果たしてどんなタイトルが生まれるのかは私もわかりません。

しかし新しい世代がかねてから積み上げてきたものをより一層高めながら、素晴らしいタイトルを世に送り出してくれると信じています。その実現のためには彼らもまた、これからも学びと挑戦を繰り返しながら成長するしかありません。引き続き、皆様からご指導ご鞭撻を頂ければ幸いです。

最後になりますが、万感の思いを込めて申し上げます。今まで本当にありがとうございました。すべての新たな始まりにご期待ください!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ