プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

水卜麻美アナ『ヴァイオレット』にハマる「何回泣いただろう…」 “気持ち”伝える物語に共感

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の場面カット (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会の画像

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の場面カット (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーション制作のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のテレビシリーズが、石立太一監督監修で新たに再構成した「特別編集版」として、10月29日に日本テレビの『金曜ロードショー』で放送される。また、翌週11月5日には2019年に劇場公開された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』が、本編ノーカットで地上波初放送されるが、作品を見た日本テレビの中島芽生アナウンサーと伊藤遼アナウンサー、水卜麻美アナウンサーが同作の魅力を紹介するコメントを寄せた。

【動画】圧巻の京アニ映像美!必ず泣ける…公開された『ヴァイオレット』PV

 水卜アナは「何回泣いただろうというくらい涙無くしては見られない、すてきな作品でした」とし、「アナウンサーは言葉=声を使って伝える仕事ですけれども、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」では手紙=文字という形で気持ちを伝えます。今は、なかなか人とも会えない日々ですが、言わなくてもわかるだろうとか伝えなくても気づいてるだろうと思ってしまいがちな、「愛してる」とか「ありがとう」といったすてきな言葉の数々を、私はこんなに言わずに過ごしてしまっていたんだなぁと気づかされ、もっと1日1日、思ったことを相手に大切に伝えようと気持ちを変えてくれました」と共感した部分があったと告白。

 中島アナは「この作品の中にはたくさんの「愛してる」が出てきます。ひとつとして同じものはなく、どれも大切な思いで、それがどう手紙となり、心に届くのか。改めて自分の心、相手の心と向き合い言葉にすることの大切さを感じさせられました」。

 伊藤アナは「・不器用ながらも「愛している」の意味を知るために奔走するヴァイオレットと、彼女と共に歩みだす他のキャラクターたちの心の動きは非常にリアルで一人一人に感情移入してしまいます。言葉や態度だけが本当の気持ちではない、手紙を通して素直になるキャラクターの姿そのものがこの作品の魅力だと思います」と伝えた。

 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開されたオリジナル新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。

 放送される特別編集版は、物語の序章にあたる第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、神回と絶賛された第10話を中心に、作品の魅力を濃縮した内容に。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』は、自動手記人形として成長を重ねたヴァイオレットが、良家の子女のみが通う規律の厳しい女学校に通う新たな依頼主・イザベラの元へ教育係として雇われる物語。次第に心を通わせる2人や、イザベラの過去の秘密が明らかになる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ