プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

杏、「フランス映画祭2021 横浜」フェスティバル・ミューズに決定

「フランス映画祭2021 横浜」フェスティバル・ミューズに決定した杏(C)Junko Tamaki(t.cube)の画像

「フランス映画祭2021 横浜」フェスティバル・ミューズに決定した杏(C)Junko Tamaki(t.cube)

 女優の杏が、日本最大規模のフランス映画の祭典「フランス映画祭2021 横浜」フェスティバル・ミューズを務めることが発表された。今年は11月11日(木)から14日(日)までの4日間、横浜・みなとみらい21地区を中心に開催される。フライト・チケットをイメージしたキービジュアルもお披露目された。

【画像】「フランス映画祭2021 横浜」キービジュアル

 1993年に始まり、日本での開催は今年で29回目となるフランス映画祭。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により12月の開催となったが、フランスの名女優イザベル・ユペールがフランス代表団・団長に就任し、同映画祭でしか観られない日本未公開作品を含めた最新フランス映画を合計10作品(内、短編2作品)上映。フェスティバル・ミューズは女優の米倉涼子が務めた。また、昨年初めての試みとして、日産の電気自動車(EV)を集めた日本初のEV限定ドライブインシアターを実施した。

 今年のフェスティバル・ミューズに決定した杏は「フランスと日本の関係は160年をこえ、そのどこを切り取っても、常に繊細な芸術や文化を尊重しあっているような印象を覚えます。それは映画であっても。そんなフランスの映画と日本を結ぶ大切なイベントに選んでいただき、とても光栄です。モデルとして10代の頃から訪れていた思い出深いフランス、まだまだ知りたいことだらけです。この映画祭で、自分自身も造詣を深め、またその魅力を皆様にお伝えできたらと思っております。11月を楽しみにしております。よろしくお願いいたします」と、コメントを寄せている。

 開催に先駆けて公開された映画祭のキービジュアルは、鮮やかな黄色の中にトリコロールカラーでもある青と赤が散りばめられ、中央にはエッフェル塔を象徴的に配置し、同映画祭が「フランスと日本の映画ファンをつなぐフライト・チケットになるように」との願いを込めたデザインになっている。

■公式サイト
https://www.unifrance.jp/festival/2021/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ