プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ブルーピリオド』八虎が衝撃!「天使の絵」森先輩は予備校で下から5番目…【第2話場面カット公開】

アニメ『ブルーピリオド』の場面カット (C)山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会の画像

アニメ『ブルーピリオド』の場面カット (C)山口つばさ・講談社/ブルーピリオド製作委員会

 テレビアニメ『ブルーピリオド』の第2話「全然焼けてねえ」の場面カットが公開された。

【画像】ポニーテール姿がかわいい!美術部の美女部員たちがズラリ

 第2話は、顧問の佐伯先生の指導の下、八虎の美術部での日々。夏休みが終わり、デッサン30枚を仕上げた八虎に唖然の部員達。八虎は「天使の絵」の森先輩が、予備校では下から5番目と聞き、衝撃を受ける。

 『ブルーピリオド』は、『月刊アフタヌーン』(講談社)で2017年8月号から連載中の同名漫画が原作で、美術大学受験予備校や入学試験での苦悩を描いた物語。成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつも、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウやうんちく、美大を目指して青春を燃やす姿が描かれる。『マンガ大賞2020』を受賞した人気作品となっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ