プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“アーティスト”矢部浩之、ラジオでデビュー曲解禁「一生懸命な矢部はいかがですか?(笑)」

「スタンドバイミー」で歌手デビューするナインティナイン・矢部浩之の画像

「スタンドバイミー」で歌手デビューするナインティナイン・矢部浩之

 お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之のアーティストソロデビュー曲「スタンドバイミー」が、7日深夜のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜 深1:00)で初解禁された。歌手としての第一歩を歩み始めた矢部のアーティスト写真とコメントが到着した。

【写真】矢部浩之歌手デビュー曲「スタンドバイミー」ジャケット

 人生を代弁するような渾身のバラードソングに仕上がっているこの「スタンドバイミー」は、シンガー・ソングライターの石崎ひゅーいが作詞・作曲を担当。この日の放送にゲスト出演し、今回の楽曲に込めた思いや楽曲の制作秘話、幼少時からテレビでよく目にしていたナインティナインへの思いなどが語られた。

 初解禁された楽曲を聞きながら3人が盛り上がる中、ナイナイの2人から石崎へ31日に横浜アリーナで開催する番組イベント『ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭』への出演オファーが飛び出し、石崎はこれを快諾した。

 また、番組では吉本興業ホールディングスのグループ会社・よしもとミュージックと、ユニバーサルミュージックによる共同レーベル「YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.」の第1弾アーティストとして矢部がデビューすることも発表。アーティストページやジャケット写真も公開され、29日に配信されることも明かされた。

 矢部は「芸能生活30年でまさかソロ歌手デビューするなんて考えたこともなかったので、話が進み始めた時から震えています。話が進んでいき、今までいなかった音楽スタッフも動き出し、オールナイトニッポンの一企画から飛び越えたと感じ、腹をくくりました」とこれまでの流れを振り返り、「自分は何ができるか考えた時に、カラオケは大好きですが、上手さもテクニックもないので、とにかく一生懸命誠実に歌うことを決意しました」と意気込む。

 デビュー曲については「自分の身の回りの大事な人たちに届ける内容で、すごく耳と頭に残るメロディーでエモく、我々をしっかりみて考えてくれた歌詞で、気持ちが入りやすく、なお一層一生懸命歌わないといけないと感じました」と思いを明かし、「歌の現場は初めてなので、一生懸命に徹することしかできないし… 一生懸命な矢部はいかがですか?(笑)」と呼びかけた。

 矢部の“宣伝隊長”の岡村隆史も「矢部本人もそう思っていると思いますが、大変な事になったなーと思っています。自分は歌の宣伝を一生懸命頑張りたいと思います」と張り切っており、「とにかく1人でも多くの人に聞いてもらえるように、コネも使って全力で宣伝していきます!」と全力宣伝を掲げた。

 “アーティスト”矢部浩之の待望のソロデビュー楽曲は『ナインティナインのオールナイトニッポン』は、放送後1週間以内は「radiko」のタイムフリー機能で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ