プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ドクターX』米倉涼子を“失敗しない”伊藤美誠が激励 野村萬斎は“御意ポーズ”披露

『ドクターX~外科医・大門未知子~』記者会見に登壇した(左から)伊藤美誠、米倉涼子(C)テレビ朝日の画像

『ドクターX~外科医・大門未知子~』記者会見に登壇した(左から)伊藤美誠、米倉涼子(C)テレビ朝日

 女優・米倉涼子らテレビ朝日系人気ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(14日開始 木曜 後9:00)の出演者が7日、東京・テレビ朝日で行われた新シリーズ制作発表会見に出席した。サプライズゲストとして東京五輪の卓球メダリスト・伊藤美誠も登場し、“失敗しない”豪華メンバーが一堂に会した。

【写真】伊藤美誠のサプライズに涙を浮かべる米倉涼子

 シリーズ誕生から10周年、前作から2年を経て『ドクターX』の第7シーズンがいよいよ始まる。100年に1度のパンデミックにより世界中で起こった医療崩壊を背景に、「東帝大学病院」で内科主導の新たな権力争いが起こり、フリーランス外科医・大門未知子(米倉)らが立ち向かう姿を描く。

 米倉は、会見場にトレードマークの「白衣+赤いミニワンピ」でさっそうと登場。『ドクターX』とともに歩んだ10年振り返り、「そのぶん歳もとったし、今は腕と肩が腱鞘炎になってオペのシーンで大変な思いもしていますが(笑)、そういうことも含めて『ドクターX』と共に自分の人生の歴史をひとつ作れたな、と。ありがたい気持ちでいっぱいです」と、しみじみ語った。

 新シリーズに向けて、「2年ぶり、しかもコロナ禍で『ドクターX』をどんな思いで始めていくか、かなり話し合わせていただいた」と明かし、「皆さんに心強いメッセージをお届けできると思うので、ぜひご覧いただきたいです」と力を込めた。

 一方、“新・御意軍団”を率いる内科部長・蜂須賀隆太郎役で初出演する野村萬斎は「今回は敵役ですし、おちゃめな人が多いレギュラー陣に引きずられないよう(笑)、私はひたすらクールにいこうと思っております」と宣言。さらに、「狂言『唐人相撲』にある皇帝に対する服従感の強い礼を参考にした」という「飛沫が飛ばない」御意ポーズを自ら実演。劇中で野村がこのポーズをとることはなく、米倉は「トップがやるのを初めて見た! 新鮮ですね!」と大喜びだった。

 野村のサービス精神はやまず、質疑応答で「失敗せずにできる特技」を聞かれると、「100%スベらない余興」として狂言のすり足の逆回転バージョンを見せ、この日ばかりは米倉の“最強の味方”となった。

 “失敗しない”サプライズゲストとして招かれたのが、東京五輪で大活躍した伊藤。金・銀・銅すべてを獲得したメダリストは『ドクターX』の大ファンで、「去年、緊急事態宣言が出たときに何をしたらいいのかなぁと思っていたら、母から『絶対に自信になるから!』と、『ドクターX』を見ることを勧められたんです。オフの日には必ず家で『ドクターX』を見てましたし、本当に『ドクターX』に救われました」と明かした。

 伊藤の言葉に、米倉は目に涙を浮かべ、「うれしい! 伊藤さんが放つエネルギーにやられちゃいました」と興奮しきり。さらに、伊藤は米倉へ愛用ラケットと同モデルをサイン入りでプレゼント。ドラマでは米倉演じる大門未知子の卓球シーンも名物なだけに、伊藤が「ドラマの中で使っていただけたら、うれしい」とリクエストすると、米倉は「シーンを作ってもらおう!」とノリノリで即答していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ