プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『ONODA』津田寛治・仲野太賀が見事に再現 当時の報道写真との比較画像

実際に撮影された小野田寛郎さん(右)と鈴木紀夫さん(左)の写真(上)映画『ONODA一万夜を越えて』で津田寛治(右)と仲野太賀(左)が再現した場面写真の画像

実際に撮影された小野田寛郎さん(右)と鈴木紀夫さん(左)の写真(上)映画『ONODA一万夜を越えて』で津田寛治(右)と仲野太賀(左)が再現した場面写真

 太平洋戦争後も約30年にわたってフィリピン・ルバング島で孤独な日々を過ごした小野田寛郎(おのだ・ひろお)旧陸軍少尉の実話をもとに、フランスの若き才能アルチュール・アラリ監督が作り上げた映画『ONODA一万夜を越えて』(10月8日公開)。あすからの公開を前に、実際の報道写真と劇中の場面写真の比較画像が解禁された。

【画像】30年ぶりにジャングルから出た小野田寛郎さんとの比較画像

 終戦後も任務解除の命令を受けられないまま約30年間、フィリピン・ルバング島のジャングルの中で過ごした小野田寛郎の青年期を演じるのは、遠藤雄弥。上官の命令により作戦を決行するためルバング島に上陸するも、指揮権も与えられないまま敵に襲撃され、攻撃や飢え、病に倒れていく仲間たちを前に苦悩する若かりし小野田を全身全霊で演じた。同じく小野田寛郎の成年期を演じるのは、津田寛治。25年以上、ともにジャングルを生き抜いた唯一の友である小塚を亡くし、真の孤独にさいなまれる小野田を体現するため、約1年かけて減量し撮影に臨んだ。

 小野田にルバング島でのゲリラ戦を決行するよう命じた上官の谷口義美役には一人芝居の第一人者と呼ばれ海外でも巡業を行い、国内外での評価も高いイッセー尾形。帰国するきっかけをつくる旅人・鈴木紀夫役に仲野太賀。そのほか、松浦祐也、千葉哲也、カトウシンスケ、井之脇海、足立智充、吉岡睦雄、伊島空、森岡龍、諏訪敦彦、嶋田久作らも、カンボジアの地で約4ヶ月の撮影に参加している。

 劇中で、最後の仲間・小塚を亡くした小野田(津田)の前に、突然現れるのが、旅人の鈴木(仲野)だ。約30年の歳月をジャングルで過ごし、今もなお、戦争の中を生き続ける小野田にとっては、シャツにジーンズ、靴下にサンダルばきという見慣れない“奇妙な”出で立ちをした鈴木を警戒し、銃を向ける。一触即発の体制で、鈴木は小野田にこう話しかける。

 「話がしたいんです。とても長く、つらいご経験をされたと思います。戦争は終わりました。昭和20年に。小野田さん、どうするおつもりですか。ここに骨を埋めるおつもりですか。日本に、僕と一緒に帰りませんか。」

 この言葉が、小野田の長い長いたった一人の戦争を終えるきっかけとなっていく。小野田寛郎の約30年にわたる潜伏生活の中で、最も有名かつ重要なこのシーンは、2019年の初め、カンボジアのジャングルで一晩かけて撮影された。精神がジャングルに一体化しているかのような精悍な顔つきの津田に対し、高度成長期の日本の若者らしく健康的かつ社交的な表情を浮かべる仲野の対比が戦争を生きる小野田と平和を生きる鈴木の相容れない状況を見事に表現している。

 小野田さんを発見した鈴木さんは1949年生まれ。戦争を知らない彼の夢は「パンダ・小野田さん・雪男」の順番で発見すること。見事に2つ目の夢を叶えた鈴木さんはその証拠に小野田さんとの2ショット写真を撮影し、日本に持ち帰った。津田と仲野が見事に再現した劇中写真との比較画像のほかに、小野田さんが30年ぶりにジャングルから出た際の実際の報道写真との比較画像もあわせて掲載する。

(C)bathysphere – To Be Continued – Ascent film – Chipangu – Frakas Productions –

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ