プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

剛力彩芽、女子高生役「大丈夫かな?」 制服姿で悩める“現代女子”熱演

女子高生役を演じる剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.の画像

女子高生役を演じる剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.

 女優・剛力彩芽(29)が7日、東京・新国立劇場 小劇場で初日を迎えた舞台『2つの「ヒ」キゲキ』の取材会に出席。女子高生役を演じ、「大丈夫かな?」とはにかんだ。

【写真】ブレザー&膝丈スカートの女子高生を演じる剛力彩芽

 舞台は、「悲喜劇」をテーマに水野美紀と劇作家・矢島弘一がそれぞれ脚本・演出を担当。矢島が書き下ろした1幕「パンティーアナキズム」、水野が書き下ろした2幕「テクタイト」で構成され、全体を通してストーリーがリンクする。

 剛力は1幕で主人公の女子高生・桜子役を演じる。久しぶりの制服姿に「大丈夫かな?」と笑わせながら、「(共演者)全員が『いける』と言ってくれたので、安心して女子高生になりきりたいと思います」と意気込んだ。

 演じる桜子は「つねに眉間にシワがよっている」(剛力)そうで、演出した矢島は「世間で言うとめんどくさいタイプで、ほとんど笑わない」と説明。剛力は2幕にも異なる役で出演し、「真逆のキャラクターなのでやりがいがある。(2役とも)感情をうまく伝えたい」と女優魂をのぞかせた。

 出演は他に、和田雅成、富田翔、真凜、椎名鯛造、宮下貴浩、福田ユミ、水原ゆきら。14日まで同劇場で上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ