プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

ヒップホップ好きのカミナリがMC担当 『激闘!ラップ甲子園への道』10・7放送スタート

TOKYO MX『激闘!ラップ甲子園への道』放送がスタートの画像

TOKYO MX『激闘!ラップ甲子園への道』放送がスタート

 TOKYO MXにて『激闘!ラップ甲子園への道』の放送がきょう7日よりスタートする(毎週木曜 深1:05)。

【画像】過去にはドラマ出演も!ゲストラッパーとして登場するACE

 収録は、ラップに懸ける思いや予選の模様など、高校生ラッパーたちの大会までの道のりを放送する番組らしく学校の教室のセットで行われた。

 芸能界きってのヒップホップ好きのカミナリが番組MCを担当。KEN THE 390、晋平太、NAIKA MC、COMA-CHI、ACE、百足と現在のヒップホップシーンで活躍するアーティストを迎えて『激闘!ラップ甲子園』に応募してくる高校生ラッパーへのエールとともに、自身の学生時代のヒップホップにまつわるエピソードやフリースタイルバトルへの思いを語りあう座談会が開かれた。またインタビューでは、学生時代のヒップホップ・アンセムを語るなどしている。

■TOKYO MX『激闘!ラップ甲子園への道』概要
放送日時:毎週木曜 深夜1時05分~1時35分 ※2021年10月7日(木)スタート
番組MC:カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)
第1回放送ゲストラッパー:KEN THE 390、晋平太、NAIKA MC、COMA-CHI、ACE、百足
・番組ホームページ
https://s.mxtv.jp/music/gekira/
・番組オフィシャルツイッター
https://twitter.com/gekira_mx
※本番組は番組配信アプリ「エムキャス」でも視聴可能。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ