プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

有村架純×志尊淳、それぞれの“想い”を語る 映画『人と仕事』スペシャル映像公開

有村架純・志尊淳がコロナ禍の現代社会と向き合う=ドキュメンタリー映画『人と仕事』10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映(C)2021『人と仕事』製作委員会の画像

有村架純・志尊淳がコロナ禍の現代社会と向き合う=ドキュメンタリー映画『人と仕事』10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映(C)2021『人と仕事』製作委員会

 有村架純と志尊淳が、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護福祉士などの現状をレポートしたドキュメンタリー映画『人と仕事』が、あす8日より3週間限定上映される。これに先駆け、本編映像とともに、有村と志尊、そして森ガキ侑大監督、河村光庸エグゼクティブプロデューサーが、それぞれの言葉で本作への“想い”と撮影時の心境を語ったスペシャル映像が公開された。

【動画】映画『人と仕事』スペシャル映像

 元々は保育士を題材にした劇映画『保育士T』を有村、志尊出演で制作予定だったものの、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で制作中止に。コロナ禍で撮影がストップしてしまった当時の心境を語る有村と志尊、そしてドキュメンタリー映画の撮影に踏み切った覚悟を語る森ガキ監督と河村氏の声が、さまざまな「人」と「仕事」を映し出す本編シーンとリンクするように編集されている。

 映像は、「初めてみんなの活動が止まる、恐ろしかったですね」「あれ、
地球終わっちゃうんじゃないかな。何が起こるんだろう、これから。いつ終わる
んだろうっていう恐怖がありました」と有村と志尊がコロナ禍で感じた恐怖を
語るシーンから始まる。俳優ではなく、コロナ禍に生きるひとりの“人”として感じた素直な思いを言葉にする二人の表情は、この作品でしか見ることができないものかもしれない。

 さらに、本作の完成報告イベントの際に語られた有村と志尊の不安や迷い、作品への出演を決めた当時の心境、そして撮影を通して感じた「人」と「仕事」に対する二人の想いも収められている。

 映像の最後では、森ガキ監督が「この映画が観た人によって、生き方を変えられるきっかけになってくれれば良いかなと思ってます」と、願いを込めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ