プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ディズニー・アニメーション『ミラベルと魔法だらけの家』日本版ポスター

ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『ミラベルと魔法だらけの家』11月26日公開 (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.の画像

ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作『ミラベルと魔法だらけの家』11月26日公開 (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 ディズニー長編アニメーション60作目を飾る新作『ミラベルと魔法だらけの家』(11月26日公開)の日本版ポスターが解禁された。本作の主人公である家族の中で1人だけ“魔法の才能(ギフト)を持たない”ミラベルと、“魔法の才能(ギフト)を持つ”2人の姉“の姿が描かれている。

【動画】映画『ミラベルと魔法だらけの家』日本版特報解禁

 主人公ミラベルは、活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家に生まれた女の子。ミラベルが住むマドリガル家に生まれた子どもたちは、1人1人違った個性を持つ“魔法の才能(ギフト)”を家から与えられるが、ミラベルはたった1人だけ“魔法のギフト”をもらえなかったのだった…。

 ミラベルとは違って、魔法の才能(ギフト)を授かった長女のイサベラと次女のルイーサ。イサベラは、植物を成長させ、花を咲かせる魔法の才能(ギフト)を授かり、彼女の周りにはいつもカラフルな花が咲き乱れる。そしてルイーサに与えられた魔法の才能(ギフト)は“力(パワー)”。強くて力持ちで優れる働き者として、家族や町の人から頼りにされている。

 授かった力で家族を支える姉たちは何もかも“完璧”な存在である一方で、特別な力を持たないミラベルはいたって”普通“の女の子。自分にはない才能に溢れ、住人から頼りにされている姉達に囲まれることで、心の奥底で疎外感や不安を抱え込みながらも前向きに過ごすミラベルだが、ある日この魔法だらけの家が危険に晒されていることを知り、家族を救うため“魔法”を持たないミラベルが、唯一の希望として立ち上がる。なぜミラベルだけ魔法の才能(ギフト)を持たないのか? 魔法だらけの家に隠された秘密とは…?

 本作の監督を務めるのは、『塔の上のラプンツェル』(2011年)、『ズートピア』(16年)で監督を務めたバイロン・ハワードと、『ズートピア』で共同監督、脚本を手掛けたジャレド・ブッシュ。『ズートピア』以来、再びタッグを組んだ。

 ジャレドはミラベルについて「僕らは観客がリアルで、人間らしいと感じ、愛してしまうキャラクターにしたかった。欠点があるけれど、それもまたかわいいと感じてしまうような。彼女は典型的なヒーローではないけれど、多くの人が共感を覚えてくれると思うよ」と特別な力を持たないヒロインだからこそ生まれる魅力を語る。

 ミラベルが住む世界の美しさや心ひかれる魔法の数々を盛り上げる本作の楽曲を手掛けるのは、ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」(08年)や脚本・作詞・作曲・主演を務めたミュージカル「ハミルトン」(15年)でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞しているリン=マニュエル・ミランダ。今やエンターテイメント界に欠かせない存在の彼が、『モアナと伝説の海』以来4年ぶりのディズニー・アニメーションでどんな名曲を響かせるのか、期待が高まる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ