プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

堂本光一、上白石萌音の変化に気づけず反省「だからモテないんです」

上白石萌音の変化に気づけなかったことを明かした堂本光一 (C)ORICON NewS inc.の画像

上白石萌音の変化に気づけなかったことを明かした堂本光一 (C)ORICON NewS inc.

 人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が6日、東京・帝国劇場で上演されるミュージカル『ナイツ・テイル ―騎士物語―』囲み取材に登壇した。3年ぶりの再演となる今回、共演の井上芳雄が上白石萌音について「一番の変化は前髪がなくなってる」と紹介。上白石から「そうなんですよ。光一さん」と水を向けられた光一は「すいません。僕だけ気付いてなかった」と反省。井上から「(上白石の印象が)全然違うね、とかいったら(光一が)『え』と…」といじられ、光一は「だからモテないんです」と自虐した。

【舞台写真】大阪初日公演延期を乗り越え豪華共演!堂本光一&井上芳雄ら

 
 今作はシェイクスピア最後の作品として知られる『二人の貴公子』(共作・ジョン・フレッチャー)を、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクターであり、『レ・ミゼラブル』初演を演出した世界的演出家ジョン・ケアード氏の脚本・演出によりミュージカル化。

 2018年の世界初演、コロナ禍がはじまった2020年8月には感染対策を徹底して成功させたナイツ・テイル」inシンフォニックコンサート』を経て、コンサート版で新たに生まれた新曲も盛り込んだ『ナイツ・テイル』の“完成形”ともいえる再演となる。すでに大阪・梅田劇場での公演を9月に終え、帝劇の舞台に再び舞い戻る。

 上白石について光一は「元からの完成度がすごい。もちろん、容姿的にも大人になられて、『ナイツ・テイル』の現場でも、『すごい働いてるから、カメラ回ってないし、眠い、疲れてる』って感じでもいいのに、出さないんです。20代って絶対、眠いと思う。俺20代ずっと眠かったですもん…全然『私、忙しいんです』をオーラをださない」と感心。井上も「疲れているときほど、みんなに話しかけるようにみえる。前世、だいぶ徳を積んでる。ステージが俺なんかとは違う」とうなった。

 大阪公演では初日が延期されるハプニングもあったが、音月桂は「日に日に、カンパニーの団結力、結束が強くなっている。安心して舞台に立つことができる。緊張感はあるものの、リラックスしてお芝居でのびのびできてる。袖から観ていると“キングオブ帝国劇場”のお2人が…堂々と、ハプニングすらもおいしいと思っているフシがある」と指摘すると、光一は「おいしいよね」と井上を観てニヤリ。

 光一は「初日が遅れてから、全然台本を1000回読む、そんな真面目なカンパニーです」とすると、井上は「うそです。光一さんはホテルでずっとテレビゲームしてた」とツッコミ。その一方、共演の島田歌穂は近くのレッスン場を借り、音月に関しては淀川でダンス練習していたそう。「密をさけるようにホテルにいたんですけど…声を出したくて川ならいいかな」と自主練習の模様を明かすと、光一は「初日が遅れてしまうのは残念でしたが、中止期間をどう過ごそうか、というのが決してネガティブに落ち込んでなかった。それがこのカンパニーを表している感じ」と胸を張っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ