プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

大阪の街の真ん中で“行ったり来たり”リム・カーワイ監督の新作 千原せいじら出演

映画『COME & GO カム・アンド・ゴー』(11月19日公開)ポスタービジュアル (C)cinemadriftersの画像

映画『COME & GO カム・アンド・ゴー』(11月19日公開)ポスタービジュアル (C)cinemadrifters

 大阪を拠点にアジア各地やバルカン半島などにカメラ片手で赴き、ほぼ即興で演出するという独自スタイルで映画を作り続けている、旅する映画監督リム・カーワイが、中国・香港・台湾・韓国・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・ネパール・日本のアジア9の国と地域の俳優たちと作り上げた『COME & GO カム・アンド・ゴー』(11月19日公開)のポスター、予告編がお披露目となった。

【動画】『COME & GOカム・アンド・ゴー』予告編

 ポスターのコピーは、「オオサカ・アジアン・クロスロード 夢も希望も幸福も、挫折も搾取も裏切りも、みんなみんな、あの空の下」が代弁するように、大阪でキタと呼ばれる梅田界隈で交差する、アジア各国の人々の過酷な現実と儚い希望が、カーワイ監督特有のオフビートな感覚で綴られている。

 大阪を拠点にしている中華系マレーシア人のリム監督は、そこに常住しているからこそ感じることのできる大阪の生きた都市の息遣い、異国の地で生き抜く外国人たちの過酷な現実、一方で孤独や生きづらさを感じている日本人たちにも視線を逸らすことなく、彼らのリアルを点描画のような表現スタイルで切り取っていく。

 予告編には、日本人キャストの姿も多く見られる。迷宮入りしそうな殺人事件を追う刑事に千原せいじ、その事件が起きた下町にひとり暮らし、レンタルおじさんと称して微かな人間関係を維持しようとしている初老の男に桂雀々、在日外国人たちのための日本語教師の身でありながら、通学生と不倫をしている刑事の妻に渡辺真起子、今にも潰れそうなAV映像制作会社の社長に尚玄、田舎から出てくるなり性を売る商売の甘い誘いに翻ろうされる若い女性に兎丸愛美ら、等身大の人物像をリアルに演じている。

 アジアからは、ツァイ・ミンリャン監督作品で知られるリー・カーションが台湾から来たAVオタクの旅行者、ベトナムのトップ・スター『ソン・ランの響き』のリエン・ビン・ファットは、過酷な労働を強いられる技能実習生、マレーシアの国民的スターJC・チーは大阪にやってきた誠実なビジネスマン、他にもネパールの絶大なる人気を誇る民謡歌手モウサム・グルン、日本・ミャンマー合作ドラマ『My Dream My Life』のナン・トレイシーなどが出演。まるで交差点で出会う人々のように、時にすれ違い、一緒に時を過ごす様が映し出される。

 一部劇場窓口やサイトで販売される全国共通鑑賞券の特典には、ロゴと大阪のランドマークである阪急ファィブの観覧車と、その上を飛ぶ飛行機を描いた“行ったり来たりする時に便利なトートバッグ”をプレゼント(先着順、数量限定)。さまざまな国の人々が行き交う大阪の街の真ん中で“行ったり来たり=カム・アンド・ゴー”、旅する気分を味わえる映画にぴったりのグッズとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ