プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

松田るか主演、映画『あしやのきゅうしょく』公開日決定&ポスタービジュアル解禁

松田るか主演、映画『あしやのきゅうしょく』2022年2月4日より関西先行公開、3月4日より全国順次公開 (C)2022「あしやのきゅうしょく」製作委員会の画像

松田るか主演、映画『あしやのきゅうしょく』2022年2月4日より関西先行公開、3月4日より全国順次公開 (C)2022「あしやのきゅうしょく」製作委員会

 女優の松田るかが主演を務める、兵庫県芦屋市制施行80周年を記念して製作される映画『あしやのきゅうしょく』が、2022年2月4日から関西先行、3月4日より全国で順次公開されることが決定し、ポスタービジュアルがお披露目となった。

【写真】3月の製作発表記者会見に出席した松田るか

 北に六甲山地、南に大阪湾を臨んだ豊かな自然と、固有の阪神間モダニズム文化に育まれた瀟洒な街並を擁する兵庫県芦屋市。芦屋市では、給食開始当初より「暖かいものは温かく、冷たいものは冷たく」作りたてを味わってもらえる自校式給食に加え、各校に1人専属で配置された栄養士によるオリジナルの独立メニューを展開しており、栄養バランスだけでなく、季節の食材を織り交ぜながら手作りを基本としたおいしい給食を実施している。また、市内に店をかまえるシェフを招いた「味覚の授業」をはじめ、食への正しい理解と高い関心を育むさまざまな食育に取り組んでいる。

 今回、その自校式による徹底した手作りでおいしいと評判の「芦屋の給食」を題材に映画化。よりコストを押さえるための努力や仕入れ先との連携、大変な調理現場の裏側も描きながら、子どもたちの成長を守る学校給食の大切さを丁寧なタッチで温かく描く。

 新人栄養士として芦屋の小学校に赴任し、おいしい給食作りに奮闘する主人公・野々村菜々役を松田が演じる。ほかに、学校の調理師役で石田卓也、仕入れ業者の豆腐屋の店主役で堀内正美、精肉店の店主役で赤井英和、野々村が務める学校の校長役で桂文珍、新米栄養士野々村を励ます役割を担う前任の栄養士役で秋野暢子らが出演する。

 監督は、芦屋市出身でもあり、『神戸在住』(2015年)、16年に「第64回サンセバスチャン国際映画祭」に正式出品された『ママ、ごはんまだ?』(17年)、『みとりし』(19年)などの白羽弥仁が務める。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ