プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田鍋梨々花が主演 島根県を舞台にした青春ドラマスタート「頑張るけん、見てね!」」

新ドラマ『しまねがドラマになるなんて!』主演を務める田鍋梨々花の画像

新ドラマ『しまねがドラマになるなんて!』主演を務める田鍋梨々花

 モデルで女優の田鍋梨々花(17)が、20日午後8時54分から中央テレビにて放送開始するテレビドラマ『しまねがドラマになるなんて!』(1話5分/全10回)で主演を務めることが決まった。

【オフショット】青空の下、キュートにほほえむ田鍋梨々花

 ドラマは、親の転勤の都合で都市を転々としていた高校生・東京子(あずま・きょうこ/田鍋)が、島根県に転校してきて「幼稚園からずっと一緒」という、石見真之介(椿原慧)、隠岐達也(平木幹太)、出雲陽人(林裕太)の3人組をはじめとするさまざまな人に出会い、ふるさととしての島根の魅力に気づいていく姿を描く。

 また、今回のドラマは、地元の高校や店、個人宅に協力してもらい、全て島根県で撮影。そのほか、主人公の友人役や男子高校生3人の家族などには、現地の人を起用。エキストラもほとんどが島根県在住人が協力している。

 9月にツイッターを通じて「みしまやで夕飯の買い物をする客役」「食堂でさざえカレーを注文する客役」など、ユニークな役柄で地元からのエキストラを合計5人募集するキャンペーンを実施した際は、短期間にもかかわらず、100人を超える方から応募も。学校のシーンでも多くの地元の高校生が協力するなど、まさに県民参加型のドラマとなっている。

 主演の田鍋は「島根のみなさん、島根生まれのみなさん、こんにちは。田鍋梨々花です。このたび、10月20日スタートの新ドラマ『しまねがドラマになるなんて!』に、ヒロインの東京子役で出演することになりました。ふるさとを見る目がちょっとだけ変わるような、そんなミニドラマをお届けできればと思っています。どうぞお楽しみに。 頑張るけん、見てね!」とコメントを寄せている。

 なお、ドラマは各話、さんいん中央テレビでの放送後にYouTubeとTVerにて視聴可能。また、6日より予告動画が解禁される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ