プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ティモシー・シャラメ×ゼンデイヤ、『DUNE』は「初恋や自らの欲望に気づく物語」

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(10月15日公開)で共演する(左から)ゼンデイヤ、ティモシー・シャラメ(「第78回ベネチア国際映画祭にて」)の画像

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(10月15日公開)で共演する(左から)ゼンデイヤ、ティモシー・シャラメ(「第78回ベネチア国際映画祭にて」)

 『スター・ウォーズ』、『風の谷のナウシカ』、『アバター』などの作品に影響を与え、完全な映像化は不可能と言われ続けてきた伝説のSF小説を、ハリウッドの若手スター、ティモシー・シャラメを主演に迎え、『メッセージ』『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映像化した『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日に公開される。このたび、ティモシー演じる主人公ポール・アトレイデスとゼンデイヤ演じるチャニにフォーカスした特別映像が解禁となった。

【動画】】映画『DUNE デューン 砂の惑星』特別映像(ポール×チャニ編)

 “未来が視える“能力を持つ青年、ポール・アトレイデスにとって、一度も会ったことがないのに、何度も夢に現れる女性――それが、砂の惑星“デューン”で暮らすフレメンのチャニだ。

 本作は、封建的宇宙帝国が築かれた遠い未来で、惑星カラダンを統治していたアトレイデス家が、宇宙帝国の皇帝からの命令で、過酷な<砂の惑星デューン>へ移住することから始まる。実はそれは大きなワナで、アトレイデス家と宇宙支配を狙う宿敵ハルコンネン家の壮絶な戦いが勃発。父を殺され、命を狙われる身となったポールが、砂の惑星で出会うのが、フレメンの民だ。彼らはハルコンネン家によって迫害され、絶滅の危機に追い込まれていた。

 今回解禁された映像では「明るい未来へ導く その者はすぐ近くにいる」という劇中のせりふだけでなく、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が語る「チャニはポールの右腕になる」「彼女はポールの心の拠り所になる」という言葉からも、チャニが全宇宙の未来を背負うという過酷な運命を託されるポールにとって重要なキーパーソンになることが示唆されている。

 ティモシーも「初恋や自らの欲望に気づく物語でもある」と語っており、ポールとチャニの関係性が壮大な物語を大きく動かしていくことは間違いなさそうだ。

 さらに、メイキング映像では仲睦まじいふたりの姿が切り取られ、「ティモシーのことは大好き。(撮影を通して)彼とは親友になった」(ゼンデイヤ)、「彼女にはずっと憧れていたんだ」(ティモシー)とお互いについての印象を語る場面も。お互いに良い影響を与えながら作品に臨んでいたことが伺える。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ