プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

TBSの人気企画「未来日記」がNetflixで蘇る 12月世界配信

Netflixシリーズ『未来日記』2021年12月Netflixで全世界独占配信の画像

Netflixシリーズ『未来日記』2021年12月Netflixで全世界独占配信

 TBSテレビは6日、Netflixで新作3本を順次全世界配信していくことを発表。その中の1本が、TBSのバラエティ番組から生まれ、社会現象にもなった恋愛リアリティ企画「未来日記」のリブートだ。Netflixシリーズとして、今年12月から世界独占配信される。

【写真】『日本沈没―希望のひと―』主な出演者の集合写真

 「未来日記」は、「これから起こることが書かれている不思議な愛の日記」。全く知らない男女へ日記が届けられ、そこには2人が恋に落ちていく未来が書かれている。信じられないような出会い、感動的な愛の告白など、非日常的でドラマチックな体験をしていく中で、男女は恋に落ちていくのか? そして最後の日記には「永遠の別れ」が書いてあり、未来日記で出会った2人は、未来日記で別れることが決まっている。

 約20年前、TBSのバラエティ番組から生まれた「未来日記」は大人気を博し、映画化、イベント化、そしてゲーム化までされ、主題歌の「TSUNAMI」や「桜坂」などがミリオンヒットを飛ばすなど社会現象にもなった。そんな伝説の恋愛リアリティ企画が、現代にアップデートし、リブートされる。

 このほか、「TBS×Netflix」の第1弾として、10月10日スタートの小栗旬主演、日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)が、Netflixでは放送同日の深夜0時(地上波放送開始の3時間後)から毎週、世界配信される。

 第3弾として決まっているのは、数々のヒット作を手掛けてきた脚本家の宮藤官九郎と大石静が共同執筆し、『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』『ごめんね、青春!』などのプロデューサー、磯山晶(TBSスパークル)がプロデュースするオリジナルドラマ、Netflix シリーズ『離婚しようよ』が、2023年に世界同時独占配信される予定だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ