プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

TBS、Netflixとタッグ 新作『日本沈没』『未来日記』『離婚しようよ』世界配信

TBSとNETFLIX新作3本を全世界配信決定(左上)日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』 (C)TBS、Netflixシリーズ『未来日記』、Netflixシリーズ『離婚しようよ』の画像

TBSとNETFLIX新作3本を全世界配信決定(左上)日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』 (C)TBS、Netflixシリーズ『未来日記』、Netflixシリーズ『離婚しようよ』

 TBSテレビは6日、Netflixで新作3本を順次全世界配信していくことを発表した。第1弾は、10月10日スタートの小栗旬主演、日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)を、Netflixでは放送同日の深夜0時(地上波放送開始の3時間後)から毎週、世界配信する。

【写真】『日本沈没―希望のひと―』主な出演者の集合写真

 第2弾は、TBSのバラエティ番組から生まれ、社会現象にもなった恋愛リアリティ企画「未来日記」をNetflixオリジナル番組としてリブートし、今年12月から世界独占配信。第3弾は、数々のヒット作を手掛けてきた脚本家の宮藤官九郎と大石静が共同執筆し、『池袋ウエストゲートパーク』や『木更津キャッツアイ』『ごめんね、青春!』などのプロデューサー、磯山晶(TBSスパークル)がプロデュースするNetflix シリーズ『離婚しようよ』が、2023年に世界同時独占配信される予定だ。

■TBS中谷弥生DXビジネス局長のコメント
 TBSグループのコンテンツを高く評価していただき、このたびのNetflixさんとの世界配信の取り組みとなりました。TBSグループのドラマや、TBSの人気番組のリブートをグローバル市場で、1人でも多くの皆さんにご覧いただきたいと思っております。TBSは成長戦略として、世界のマーケットへの進出・拡大を掲げており、今後もTBSグループのコンテンツを世界の皆様に届け、世界コンテンツと切磋琢磨していきたいと思っております。

■Netflix佐藤菜穂美コンテンツ・アクイジション部門 マネージャーのコメント
 このたび、TBSの皆様が手がけられる、日曜劇場『日本沈没 ―希望のひと―』、社会現象を巻き起こした「未来日記」のリブート、そして、オリジナルドラマ『離婚しようよ』の3作品を、世界中のNetflixメンバーへ届けられることをうれしく思います。日本の映像作品づくりを牽引する素晴らしい才能とのコラボレーションで、世界市場に向け、日本ならではのストーリーを紡ぐ機会をいただき、大変光栄です。テレビに加え、さまざまなメディアが視聴者に作品を提供できる今、このような取り組みはエンターテインメントの裾野を広げるとともに、視聴者に愛されるメディアが共存できる道を拓くものと確信しております。

■10月期 TBS日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』
 原作は1973年に刊行された小松左京の不朽の名作「日本沈没」。刊行翌年にTBSがテレビドラマ化し、その後も映画やアニメ、漫画などが制作され、早くからメディアミックスが行われてきた。刊行から約半世紀、本作では、原作に大きくアレンジを加え、環境問題を今に照らし合わせて鮮明に打ち出す。主人公を含むオリジナルキャラクターの登場人物を配し、2023年の東京を舞台に映像化。小栗旬、松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之らが出演し、日本に途方もない危機が迫り来る中で“希望”を見出す者たちの人間ドラマをスケール感たっぷりに描いていく。

■Netflixシリーズ『未来日記』
 未来日記は「これから起こることが書かれている不思議な愛の日記」。全く知らない男女へ日記が届けられ、そこには2人が恋に落ちていく未来が書かれている。信じられないような出会い、感動的な愛の告白など、非日常的でドラマチックな体験をしていく中で、男女は恋に落ちていくのか? そして最後の日記には「永遠の別れ」が書いてあり、未来日記で出会った2人は、未来日記で別れることが決まっている。

 約20年前、TBSのバラエティ番組から生まれた「未来日記」は大人気を博し、映画化、イベント化、そしてゲーム化までされ、主題歌の「TSUNAMI」や「桜坂」などがミリオンヒットを飛ばすなど社会現象にもなった。そんな伝説の恋愛リアリティ企画が、Netflixで現代版にアップデート。

■Netflixシリーズ『離婚しようよ』
 気持ちは冷めきっているが、それぞれの事情ですぐには離婚出来ない夫婦が、一致団結して「離婚」という揺るぎない目標に向かっていくホームコメディ。日本のドラマ界で長年トップランナーとして話題作を世に送り出してきた脚本家の宮藤官九郎と大石静が、新作ドラマを共同執筆するというかつてない試み。その注目のドラマ『離婚しようよ』を、磯山晶(TBSスパークル)がプロデュースし、Netflixシリーズとして全世界配信していく。

■宮藤官九郎のコメント
 今のところすごく上手くいっている、と思っているのは僕だけでしょうか。大先輩の大石さんとの共同執筆はめちゃめちゃ楽しくて学ぶことばかり。どうやって書いてるのか。藤子不二雄スタイルなのか、ゆでたまごスタイルなのか。もったいないから教えません。このセリフは大石さんぽい、と思いきや宮藤、ここ宮藤だろうな、と思いきや大石さん、という風になってると思います。噛み合ってないところも多分なくはないけど、夫婦ってそういうもんだし、磯山さんがそこまで見越していたのなら、さすがです。離婚に向かう夫婦の物語を男女の脚本家で書き分けるという斬新な企画、しかも初めての配信ドラマ、最後まで楽しく完走したいです。

■大石静のコメント
 どういう発想で宮藤さんと私を組ませようと考えたのか、磯山Pの狙いは未だよくわかりませんが、当代一の脚本家だと思って、遠くから見ていた宮藤さんの傍らに、私がいるというドキドキ感はステキです。でも、やってることはいつもと同じですね。1組の夫婦の思うようにはいかない人生のやりきれなさは、宮藤さんのそれでもあり、私のそれでもあり、視聴者のみなさんの哀しみでもあると思うので、そのあたりを、それぞれの個性をチラリと出しつつ、面白おかしく描けたらな…と思っています。世界中の人に楽しんでもらえることを信じて!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ