プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

長濱ねるが“最近叱られたこと”とは 『セブンルール』でエピソード披露

5日放送のドキュメントバラエティー『セブンルール』に出演する長濱ねる(C)カンテレの画像

5日放送のドキュメントバラエティー『セブンルール』に出演する長濱ねる(C)カンテレ

 タレントの長濱ねるが、5日放送のカンテレ・フジテレビ系バラエティー『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)に出演する。

【写真】スタジオトークを繰り広げるYOU、青木崇高、尾崎世界観ら

 今週の主人公は、福岡県北九州市にある建設会社『ゼムケンサービス』代表・籠田淳子さん(こもりた/じゅんこ・55)。建設業界で働く女性技術者の割合は、わずか4.5%と男性が多数を占める中、彼女が代表を務める同社は社員8人中7人が女性という珍しい会社だ。「建設業界で私たちのような女性って実はまだまだ可能性がいっぱいある」と彼女は生き生きと語る。男社会である業界を逆手にとり、“女性ならではの視点”を武器に日々挑戦を続けている。また、視覚・聴覚・嗅覚など“五感を生かす独自の設計手法”で他の会社との差別化を図り、建設業界に新たな風を吹き込む。北九州空港のメインレストランや寺の本堂など、さまざまな場所から依頼が絶えない。

 幼い頃から大工である父親の背中を見てきた彼女は、自然と建設業界を目指すようになった。業界の女性に対する厳しさをよく知る父から「女が建設へ行っても電話番かお茶くみしかないんだぞ」と、反対されるが、大学卒業後は設計事務所に就職。男社会と言われる建設の世界を目の当たりにしながらも、当時女性ではほとんどいなかった“一級建築士試験”に26歳で合格。建築士としてのキャリアを築いた。そんな彼女が、この業界で積極的に“女性建築デザインチーム”を掲げる理由とは何か。

 今回カメラは、自身を「建設業界のジャンヌダルク」と呼び、男社会と言われる建設業界で自分らしく活躍する彼女に密着。35年、常に“建設”と過ごしてきた、籠田さんの7つのルールに迫る。

 男だらけの社会に果敢に飛び込み、時代を切り拓いた籠田さんの生きざま、リーダーシップに、賛辞を送るキャスト一同。スタジオでは、「働くならYOU建設会社? 本谷有希子建設会社?」というお題に黙り込む青木崇高と長濱だったが、尾崎世界観の返しに「ずるい!」と一同総ツッコミ。さらに、籠田さんの「叱るときは、驚かせるくらいのエネルギーで」というルールから、長濱が“最近叱られたエピソード”を披露する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ