プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

北村匠海、浜辺美波主演の短編映画にスタッフで参加 “擬態力”に自信「忍者の末えいなんです」

浜辺美波主演の短編映画にスタッフで参加した北村匠海 (C)ORICON NewS inc.の画像

浜辺美波主演の短編映画にスタッフで参加した北村匠海 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の北村匠海が4日、都内で行われた『TikTok TOHO Film Festival 2021』グランプリ作品発表会に登壇した。Tik Tokと東宝タッグのもと、新たなクリエイターを発掘し、映像・映画を共創することで映画業界を盛り上げることを目的とした新しい映画祭。この公式アンバサダーを務める北村は、7月に発表された初代グランプリの吉川啓太氏による初監督作品『夏、ふたり』でスチールカメラマンとしてスタッフにも挑戦した。

【動画】浜辺美波、北村匠海のお茶目な発言にノリノリ!仲良し2人が息ぴったりトーク

 半地下で暮らす女の子たちの不思議な暮らしを夏らしく、爽やかで懐かしい世界観で描く今作。主演には浜辺美波、共演には井上音生を迎え、イベントには3人と吉川啓太監督も参加した。北村は「演者じゃない立ち位置で現場に入れて。撮影現場でカメラマンとしての仕事はあったけど撮影現場では、普段、演じる側でなじんでいるので、スタッフでいるのはワクワクしました」と充実の表情をみせる。

 一方、被写体となった浜辺は「撮影の前は匠海くんがくると聞いて緊張する、恥ずかしいな、来ないでほしいなと思っていたけど、実際に、現場で見ると、現場の空気感をまとって、空気のようになっていてさすがだな、と。その擬態する能力や、なじませる能力がすごいな」と感心。

 これに北村は「忍者の末裔なんです」と茶目っ気たっぷりで、浜辺は「うそですよ~、みんな信じちゃう」とノリよく返すやり取りも。北村は「演者の気持ちがわかるからこそ、現場の立ち振舞というか、監督と2人(浜辺と井上)がいて、邪魔したくなかった。とにかく真っ黒な服装して忍んでいました」と裏方に徹した心境を明かした。

 吉川監督も「本当に忍んでいらっしゃったので、全然気づかなかった。気付いたらカーテンの奥にいるみたいなすごい溶け込んでました」と驚くと、北村は「空気が本当によかったので、溶け込みやすかったです。へんにうかなかったのは、これはもう監督の力です」と絶賛していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ