プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

吉本×ユニバーサルが新レーベル設立 第1弾はナイナイ矢部浩之の歌手デビュー作

新レーベル「YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.」第1弾を飾るナインティナイン矢部浩之 (C)ORICON NewS inc.の画像

新レーベル「YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.」第1弾を飾るナインティナイン矢部浩之 (C)ORICON NewS inc.

 吉本興業ホールディングスのグループ会社・よしもとミュージックと、ユニバーサルミュージック合同会社が4日、共同レーベル「YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.」を設立したことを発表した。第1弾は、吉本興業所属のナインティナイン・矢部浩之の歌手デビュー作(タイトル、発売日未定)に決定した。

【写真】9月9日(ナイナイの日)に矢部浩之の歌手デビューを発表したナイナイ

 日本最大級のエンタテインメント事業を展開する吉本興業と、世界最大級の音楽企業ユニバーサルミュージック グループの日本法人・ユニバーサルミュージック合同会社がタッグを組んだ。新レーベル「YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.」では、吉本興業所属タレントのアーティストデビュー作をはじめ、アジアを中心にワールドワイドに活躍を目指すアーティストの作品などをリリースしていく予定としている。

 第1弾作品となる矢部浩之の歌手デビュー曲は、作詞作曲はシンガー・ソングライターの石崎ひゅーい、サウンドプロデュースはトオミヨウが担当した渾身のバラードソングとなっている。

 よしもとミュージックは今月1日より、CD・DVD等商品の営業・流通業務をユニバーサルミュージックへ業務委託(一部を除く)。両社は「包括的に連携することで両社の強みを生かし、保有するコンテンツのさらなる向上と収益化を進めてまいります」としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ