プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

橋幸夫、80歳誕生日で歌手活動引退を正式発表「歌の道にピリオドを打ちたい」

歌手生活引退を正式発表した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.の画像

歌手生活引退を正式発表した橋幸夫 (C)ORICON NewS inc.

 歌手・橋幸夫(78)が4日、都内で引退発表記者会見を開き、80歳誕生日の2023年5月3日をもって歌手活動から引退することを正式に発表した。「歌の道にピリオドを打ちたい」と語った。

【写真】感謝の思いを伝えて頭を下げる橋幸夫

 理由について、声帯の筋肉の衰えをあげた。「コロナが原因だと思いました。一昨年から声がガラガラし、ちょっと今までのステージと違うと感じました。ごまかしながらやってきましたが、歌は厳しくなるかなと思って耳鼻科にかかりました」と説明。

 のどの専門の病院を紹介され、医師から「(声帯の)筋力の衰えがかなりきている。トレーニングを持続的にやって戻るか否か」と、新型コロナウイルスによって歌唱頻度が激減したことが影響しているとした。声帯の筋肉の衰えにより、低音を響かせようとすると「声割れがする」という。

 12月8日の東京・福生公演からラストツアー『橋幸夫コンサート 人生は長いようであっというま 夢を持って生きよう!』をスタート。「体調はそんなに悪いわけではありません」と話し、「再来年の引退まではコンサートをやらせていただきます」と意気込みを語った。関係者は「全国160ヶ所を回る予定」とした。

 また、「歌手生活引退」であって芸能界引退ではないとし、「芝居なんかはやりたい。特に時代劇なんかは」と意欲をみせた。

 橋は1943(昭和18)年5月3日生まれ。中学2年から作曲家・遠藤実さんに師事し、高校2年の1960年、「潮来笠」でデビュー。舟木一夫(76)、西郷輝彦(74)とともに「御三家」と呼ばれて絶大な人気を誇った。1962年には吉永小百合とデュエットした「いつでも夢を」で第4回日本レコード大賞を受賞。NHK紅白歌合戦にはデビューした年から17年連続19回出場した。モンゴル親善大使や各地の観光大使、介助犬サポート大使など多岐にわたる活動のほか、認知症の実母の介護生活を綴った『お母さんは宇宙人』など多数の著書を出版。2020年7月にデビュー60周年を迎えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ