プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小倉智昭、肺にがん転移 ラジオで報告「自分では信じられない」

小倉智昭 (C)ORICON NewS inc.の画像

小倉智昭 (C)ORICON NewS inc.

 2018年に膀胱(ぼうこう)がんの手術を受けたキャスターの小倉智昭氏(74)が4日、文化放送の『くにまるジャパン 極』(前9:00)に出演。肺にがんが転移したことを公表した。

【写真】放送前に入念に原稿を読む小倉智昭

 番組には2019年フリーアナウンサーの笠井信輔氏とともに出演した小倉アナは、「自分では信じられない。痛くもかゆくもない」と語ったうえで、「ステージ4の膀胱がんからの肺への転移」と報告し、これまでの経緯を説明。

 3年前の手術時は、膀胱の周囲への転移はないとの診断で、その後、定期的に検診を受けていたところ、昨年11月の検査で、両肺に(少し)影があるとの指摘を受けたという。

 その後、経過観察が続いたが、医師から肺の生検を提案され「がんの組織が肺に見られる」との結果が出たといい「体全体のどこに転移しているのか分からないので、抗がん剤治療を行う」と語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ