プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

西野七瀬主演『言霊荘』 初回ゲストに猪塚健太 初の呪殺シーンは「貴重な経験」

10月クール土曜ナイトドラマ『言霊荘』の第1話にゲスト出演する猪塚健太(C)テレビ朝日の画像

10月クール土曜ナイトドラマ『言霊荘』の第1話にゲスト出演する猪塚健太(C)テレビ朝日

 女優・西野七瀬主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『言霊荘』(10月9日スタート、毎週土曜 後11:00~11:30)。俳優の猪塚健太が第1話にゲスト出演することが決定した。

【写真】歌唱シーンもある猪塚健太

 とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、《言霊》という“人ならざる者”に住人女性たちが次々とさいなまれていく同ドラマ。猪塚が演じるのは、女性限定アパート「レディスコート葉鳥」1号室に住む作詞家の阿木紗香(三吉彩花)が詞を手掛けた曲を歌う歌手・桐嶋漣。「なんとぜいたくなことにオリジナルの楽曲を作ってくださり、さらに1曲フルでレコーディングまでしていただきました」という猪塚。劇中で歌を披露するが、「プレッシャーのなか挑みましたが、みなさんのサポートのおかげで本番の撮影は楽しく演じることができました」と語り、満足のいく出来だったそう。

 ただ、その先に桐嶋を待ち受けているのは、なんと“言霊”の呪いの最初の犠牲者という衝撃の展開。演じる当の猪塚は「ホラーの醍醐味である“呪いで殺される”というシーンも初体験でき、『言霊荘』ではギュッとたくさん貴重な経験をさせていただきました」と楽しんでいた。

 はたして桐嶋の身に何が起こったのか、そしてなぜ呪い殺されてしまったのか。

■猪塚健太コメント
 今回、桐嶋漣という歌手の役を演じさせていただいたのですが、なんとぜいたくなことにオリジナルの楽曲を作ってくださり、さらに1曲フルでレコーディングまでしていただきました。驚きと同時にかなりのプレッシャーのなか挑みましたが、みなさんのサポートのおかげで本番の撮影は楽しく演じることができました。また、ホラーの醍醐味である“呪いで殺される”というシーンも初体験でき、『言霊荘』ではギュッとたくさん貴重な経験をさせていただきました。

 ABEMAで独占配信されるオリジナルドラマ『ある視点~もう一つの言霊荘~』では三吉彩花さん演じる紗香との掛け合いで、本編では見られない桐嶋の本質の部分が明らかになったり、これまでホラー作品を撮っていらっしゃる落合正幸監督にお褒めいただいた”ある表情”なども注目してほしいポイントですので(笑)、そちらもぜひ見ていただきたいと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ