プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

柄本佑、自身が演じる“不倫夫”に呆れ「詰めが甘い」 “妻”黒木華も同調

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』舞台あいさつに登壇したの画像

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』舞台あいさつに登壇した

 女優の黒木華、俳優の柄本佑が3日、都内で行われた映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』舞台あいさつに登壇した。スリリングでありながら、絶妙なせりふの言い方や間によってちょっと笑える要素を取り入れて“不倫”を描く今作で、不倫する夫・俊夫を演じた柄本は「ちょっと詰めが甘すぎるよね?」とその行動に呆れ、妻役の黒木も「本当に詰めが甘い」と同調した。

【ソロショット】登壇した黒木華&柄本佑

 今作はTSUTAYA CREATOR’S PROGRAM FILMの準グランプリを受賞した堀江貴大監督のオリジナル作品。漫画家である主人公・佐和子(黒木)の新作のテーマは「不倫」。そこには自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、同じく漫画家の夫・俊夫は「もしかしたらバレたかもしれない」と精神的に追い詰められていく。さらに物語は佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋に発展。果たしてどこまでが現実でどこからが創作なのか。その境界線はあいまいになっていき…。

 佐和子役の黒木は、俊夫の不倫について「『知ってるんだぞ』という気持ちはありました。その両方がある。そうでなくあってほしいというのも、決定的にロマンチックな(俊夫の)ラブシーンを見てしまったので、もうあ~あ、という」と演じた際の心情を解説。「…にしてもちょっと詰めが甘すぎるよね? あんな駐車場の真ん中でさ…。バレないつもりがないって感じだもんね」と一蹴する柄本に、黒木も「見つかってしまうのが俊夫さんっぽい」と苦笑した。

 柄本いわく「明らかに嘘がつけない人であることが重要。不倫に向いてない男」と“ダメ”な俊夫だが、黒木は「パートナーであり、夫婦であり、いろんな関係が2人の間にはあって、だから佐和子さんは俊夫さんに心を動かしてほしかったのかな、憎い部分もおるけど愛情もある、ひとつの感情ではない、白黒にできないどうしようもない感情を大事にしていたつもりです」と振り返っていた。

 また、この日の舞台あいさつでは客席が間隔なしの満席に。柄本は「フルで入っていただいた人の目の数ってすごい、熱量があって、フルって…。わかります? 今熱気で汗かいてる。映画館っていいな。何回でも見てたくさん解釈して語らって」と噛み締め、黒木も「見どころはたくさんあると思いますので、ぜひ何回でも見に来ていただいて、お話していただけたら幸せだなと思います」と観客にメッセージを寄せていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ