プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

黒木華“弟役”杉野遥亮が「とにかくかわいい」 共演ドラマでイメージ一変

黒木華=ドラマ『僕の姉ちゃん』Amazon Prime Videoにて全話一挙先行配信 (C)テレビ東京の画像

黒木華=ドラマ『僕の姉ちゃん』Amazon Prime Videoにて全話一挙先行配信 (C)テレビ東京

 女優の黒木華、俳優の杉野遥亮が出演するドラマ『僕の姉ちゃん』(Amazon Prime Videoにて全10話一挙先行配信中、テレビ東京にて2022年放送予定)。このほどオンライン取材に応じた黒木は「心が休まる作品に仕上がりました」と語り、杉野との共演秘話などに花を咲かせた。

【写真】黒木華が「かわいい!」と絶賛 弟役の杉野遥亮

 原作は、雑誌『anan』(マガジンハウス)で長期連載されている、年の離れた姉弟のユーモラスな会話を描く益田ミリの同名漫画。輸入家電の会社に勤める30歳の姉・白井ちはるを演じる黒木は、月9ドラマ『イチケイのカラス』で冗談が全く通じない堅物なエリート裁判官を好演するなど、数々のドラマや映画で活躍。冷凍食品メーカーに勤める社会人1年目の23歳、素朴でまっすぐに育ってきた弟・白井順平を演じる杉野も、ドラマ『直ちゃんは小学三年生』や映画『東京リベンジャーズ』などの話題作やCMに出演中。ドラマでは、この2人のユーモラスな掛け合いが見どころとなる。

 海外駐在中で両親不在の、つかの間の二人暮らし。仕事を終え帰宅した部屋で、お酒を飲み、それぞれ好きなものを食べながら、恋・仕事・趣味・人生にまつわる会話を繰り広げる。少し年の離れた姉弟だからこそのぶっちゃけトークでさく裂する「恋愛感」「仕事論」「力の抜き方」などの“姉ちゃんの本音“は、一見ひねくれていて意地悪なように聞こえるが、実はしごく真っ当で、順平は妙に納得してしまうのだった。

 実際に弟のいる黒木は、原作や脚本を読んで「自分たちと似てるなと思える部分もありましたね。私はここまでズバッと格言的なことを言うことはできませんが(笑)」と振り返る。弟を「良き理解者」と紹介した上で「両親とも友達とも関係性とも違う。恋愛のことや人には言えないことも相談できる存在です」と笑顔で明かした。

 「すーちゃん」シリーズ、「スナック キズツキ」(10月よりテレビ東京にてドラマ化)など女性を中心に幅広い支持を得ている原作者の益田は、「このふたりのことを無限に見ていたい!」と、黒木&杉野での実写化に期待を寄せている。

 杉野との共演秘話に話題が及ぶと「はじめはシャイでクールな方だと思っていました」という黒木。しかしシーンを重ねていくうちに「素直で真面目な方ですが、時々みせる、やんちゃで面白い部分が共演して素敵だなと。今回の役柄では距離感が大事だったので、杉野さんを“イジってもいい人”と分かってからは、どんどん距離を詰めることができました(笑)。」とほほ笑んだ。

 女性視聴者には、杉野が演じる“弟ぶり”に大きな注目が集まっている。黒木も「杉野さんがとにかくかわいいですよ。(杉野が演じる順平は)仕事に対しても女性に対しても、姉ちゃんに対してもとても素直なんです」と声を弾ませながら「『こんな同居人が欲しい!』って思ってもらえるかな」と期待を込める。最後には「順平とちはるの二人の空気感を味わってほしいですし、姉ちゃんの言葉に救われたり、共感できる部分もあると思います」と呼びかけていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ