プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

沢口靖子、『科捜研の女 -劇場版-』初の京都“凱旋”舞台あいさつ「ほんまおおきに」

『科捜研の女 -劇場版-』京都の上映劇場で凱旋舞台あいさつを行った沢口靖子の画像

『科捜研の女 -劇場版-』京都の上映劇場で凱旋舞台あいさつを行った沢口靖子

 テレビ朝日系で20年以上続く人気ドラマを映画化した『科捜研の女 -劇場版-』(公開中)で主演を務める沢口靖子をはじめ出演者が2日、京都市内の上映劇場で舞台あいさつを行った。京都が舞台の本作のプロモーションで、初めて京都に“凱旋”した沢口は「京都のみなさん、ただいま。『科捜研の女 -劇場版-』楽しんでくれて、ほんまおおきに。やっと京都に来れました」と、普段は封印している関西弁(沢口は大阪府出身)で観客に感謝を伝えた。

【画像】京都凱旋舞台あいさつに登壇した7人の集合カット

 主人公・榊マリコ(※榊は木偏に神)役の沢口、マリコとバディを組む京都府警の土門薫刑事役の内藤剛志ほか、これまでのシリーズのレギュラーキャスト10人が勢ぞろいし、世界同時多発不審死事件に挑む本作。マリコたちが対峙するシリーズ史上最強の敵となる天才科学者・加賀野亘役で佐々木蔵之介がゲスト出演している。10月からはドラマ新シリーズ『科捜研の女 season21』も控えている。

 長引く緊急事態宣言のため、東京都以外でのイベントを実施できずにいたが、初めて物語の舞台となっている京都での舞台あいさつには、沢口、内藤、風間トオル、斉藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井一彰の7人が登壇。これまでは観客の収容人数も50%としてきたが、緊急事態宣言が解除されたこともあり、初めて客席も満員の状態となり、キャスト陣の喜びもひとしお。

 沢口は「公開からひと月たち、緊急事態宣言も明け、そして満席の劇場でのごあいさつができて本当にうれしいです。京都での舞台あいさつはホームに戻ってきたなと感じます」と語った。長年、土門刑事としてマリコの相棒を演じる内藤からは、「1999年に京都で生まれ、20年以上やっている作品です。これからも続いていきます。京都で生まれ、京都で育ててもらったドラマです。これからも応援していただきたいです」と、熱いコメント。ほかのキャストからも「京都に帰ってくることができてうれしい」「京都のみなさんに会えてうれしい」という喜びが語られた。

 「(映画を)2回以上見た方いますか?」という問いかけに、約8割が手を挙げ、10回観たというリピーターも。ご当地だからこその熱気に、キャスト陣も感激しきりだった。

 映画・ドラマを通して、印象に残っている場所を聞かれると、風間は「劇場版での東福寺で撮影したシーンは印象に残っています。深夜から早朝にかけての撮影だったんですが、何度見ても感動しますね」と話し、斉藤は「ドラマシリーズで訪れたらくがき寺(単伝庵)が思い出に残っています。(文書担当の)日野所長の活躍シーンですね!」と京都ならではの由緒あるロケ地での思い出を語り合った。

 渡部は「鴨川での撮影がありすごく思い出に残っています。その数年後に石井さんと飲んだのもいい思い出ですね」と、オフには食事に行くことも多いという二人のエピソードが明かされ、石井は「スタッフさんも一緒ですごく青春みたいでした。僕自身は新キャラクターとして参加して、みなさんになじめるか不安だった時に撮影で訪れた南禅寺です。土門刑事とマリコさんとお芝居をした大切な場所です」と感慨深く語った。大阪出身の山本からは、「平等院に行った時は感動しました! これが十円玉に描かれている場所か! 銅色ではなく、カラーになったので驚きました(笑)」とちゃめっけたっぷりに話していた。

 内藤は「ドラマのラストカットに使われている屋上のシーンは、絶対に北向きで話しているんです。ロケ地ではなくても、京都の高い場所で北向きになれば、マリコと土門の見ている景色が見えて、同じ気分になれると思います」と、通(つう)な楽しみ方を伝授した。

 最後に「『科捜研の女』にとって、京都はどんな所か?」と聞かれると、沢口は「『科捜研の女』なら、と撮影に貸していただける場所もあるとスタッフに聞いたことがあります。人と人のつながりがあって、とってもあたたかい場所です。オフで訪れたお店では一品サービスしてもらったこともあります(笑)。いつもありがとうございます」と、京都に深く根付いていることを実感するエピソードを披露。

 さらに、「今まさしくシーズン21の撮影真っ最中なのですが、飛び交う関西弁や関西風味の味にほっこりしています。映画公開から1ヶ月が経ち、緊急事態宣言は明けましたが、まだ緊張の続く日々は続きます。“科学で明るい未来を切り拓く”がテーマの本作で、みなさんに元気・希望・勇気がお届けできたらと思っております。これからも応援よろしくお願いします。今日はお越しいただき、ほんまおおきに」と、感謝の思いを伝えて舞台あいさつを締めると、会場は大きな拍手に包まれた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ