プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、自ら企画した楽曲プロモの全ぼう明かす「これまでの流れを壊したい」

『日経エンタテインメント!』11月号に登場するHey! Say! JUMP・伊野尾慧 (C)日経BPの画像

『日経エンタテインメント!』11月号に登場するHey! Say! JUMP・伊野尾慧 (C)日経BP

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が、4日発売のエンタメ専門誌『日経エンタテインメント!』11月号(日経BP刊)に単独で初登場する。『14年目の焦燥』というテーマで、仕事に対する問題意識や、その解決策として実際取り組んでみたことなどについて、7ページにわたって語る。「何となく続くこれまでの流れを壊したいという思いがありました」と、自身が企画・立案した楽曲プロモについて全ぼうを明かす

Hey! Say! JUMPのテレビ出演歴

 8月にHey! Say! JUMPがリリースした『群青ランナウェイ』は、SNSと謎解きをプロモーションに巧みに組み込み、初動セールスが前作より約3万枚上回った。通常盤のCDジャケットを発売当日まで公開しないという、ある意味大胆な手法を取っていたのだが、そうした施策を企画・立案したのが伊野尾だった。

 「僕たちは今年でデビュー14年。ともなると、新曲を発売するときのバターン化した動きに慣れてしまっている部分がどうしてもあって。情報が少しずつ解禁されて、取材があって、最後に音楽番組で歌う。今は音楽番組自体が少ないから、あっという間に発売日。なんとなく続くこの流れを壊したいという思いがありました」。

 ファンの大多数を占める若い世代と“CD”との溝を少しでも埋められないかという思いもあった。グループが所属するジャニーズ事務所は、楽曲配信をまだ全面解禁していないため、CDをいかに売るかを考えなくてはならない。「若い世代はCDを買うことが、純粋に音楽を聴くための行為ではなくなっている。じゃあ何ができるかと思ったとき、体験と一緒に買ってもらえたらという考えに行き着いた」。その体験である”謎解き”を盛り上げるべく、多角的に仕掛けた“匂わせ”やプロセスについて、貴重な裏話を明かしている。

 これは制作スタッフが考えるべきことなのでは、という素ぼくな疑問も湧いてくるが、なぜ伊野尾本人が動いたかという理由も明快に説明。現在31歳。自身の年代については、「少しずつ保守的になってくる年ごろ」という認識だそうだが、グループは来年11月で15周年。守りにはまだ入らないという、15回目のアニバーサリーに向けた現在の心境についても言及している。

 また、同誌ロングインタビュー名物のプライベートトークでは、家飲みのことからお酒、焼き鳥、ボディソープの好みなど、15問を掲載。理路整然とした受け答えが続いた本文とは一変して、「俺の嫁にでもなるつもりか!(笑)」という伊野尾節(?)も飛び出した、その質問とは。なお今号の表紙はV6。11月1日でグループを完結させる彼らが、かけがえのない”V6の時間”についてさまざまな角度から語っている。

 第1特集は、radiko、Podcast、音声ドラマなど、拡大する”聴くエンタメ”の最前線を追った「ラジオ&音声メディア黄金時代」。ほかに、米倉涼子、Stray Kidsらのインタビューも掲載。現在、上演中のミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』に出演している堂本光一と井上芳雄が、同作の世界的演出家であるジョン・ケアードに海外の演劇事情を聞くという独占企画も掲載している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ