プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ヒュー・ジャックマン、いまだ衰えず 肉弾戦を見せたアクションシーン解禁

映画『レミニセンス』(公開中)(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reservedの画像

映画『レミニセンス』(公開中)(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 人気俳優ヒュー・ジャックマン(52)が主演する映画『レミニセンス』(公開中)より、ヒューが「X-MEN」シリーズに負けず劣らずの肉弾戦を見せたアクションシーン映像がWEBで解禁となった。

【動画】ヒュー・ジャックマンのアクションシーン

「X-MEN」シリーズでウルヴァリン役を約16年にわたって演じ、「実写映画におけるマーベル・ヒーローのキャリア最長記録」としてギネス世界記録に認定されたヒュー・ジャックマン。本作では、他者の“記憶”の深層世界に潜入し、その記憶を360度の空間映像として再現することで事件の真相を暴く、記憶潜入エージェントのニックを演じている。

 街も人々も荒み、都市が海に沈み水に支配された近未来のマイアミを舞台に、検察からの依頼を受けたニックは、瀕死の姿で発見された新興勢力のギャング組織の男の記憶に潜入し、その記憶から映し出される事件のカギを握る謎の女性メイを追っていくうちに、予測もしなかった陰謀へと巻き込まれていく。

 今回、解禁されたのは、劇中でニックが敵対する悪徳警官サイラス・ブース(クリフ・カーティス)を追い、建物から飛び移るアクションや激しい肉弾戦などに挑んだシーンの本編映像。

 本作で、ヒューは退役軍人で膝を怪我した過去も持つニックを演じており、肉弾戦の末、看板に激しく頭を打ちつけるシーンなど、50歳を越えてもなお現役でさまざまなアクションに挑み、未だ衰えない輝きを見せている。悪徳警官のブースを追った先に、ニックがたどり着く真実とは…。

 HBOドラマ『ウエストワールド』(2016年~)のリサ・ジョイが脚本・監督を務め、『ダークナイト』『インターステラー』の脚本を兄クリストファー・ノーランとともに手掛けたジョナサン・ノーランが製作として参加。海水面の上昇というシビアな問題を描きつつ、人間の記憶が可視化されるSF世界、その記憶に隠されたトリックの謎解き、ヒュー・ジャックマンのアクション、さらには『グレイテスト・ショーマン』でヒューと共演したレベッカ・ファーガソンとのラブストーリーも見どころとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ