プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

亀梨和也主演『正義の天秤』 第2話あらすじ

『正義の天秤』第2話より(C)NHKの画像

『正義の天秤』第2話より(C)NHK

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が主演を務める、NHK総合の土曜ドラマ『正義の天秤』(毎週土曜 後9:00~9:49)。きょう2日放送の第2話あらすじを紹介する。

【場面写真】容疑者・楠田隼人を演じる笠松将

 本作は、医師から転職した天才弁護士・鷹野和也(亀梨)が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながらも数々の難事件の真相を暴き、事件にかかわる人びとの魂を救う本格法廷ミステリー。その鷹野とチームを組む師団坂法律事務所のメンバーとして、奈緒、北山宏光、大政絢、佐戸井けん太が出演している。

 第2話では、6年前の傷害事件で評議を下した裁判員を、被告人が逆恨みして殺害するという事件が起きる。容疑者・楠田隼人(笠松将)が山内愛理沙(森迫永依)を殺害した理由は彼女のブログ。普段はスイーツの記事をアップしているが、最後の更新日のみ、6年前の裁判の評議内容に触れていた。当初は、山内が裁判員としての守秘義務違反を犯した末に起きた悲劇だと思われていたが、鷹野らの調査の過程で、山内の実像が明るみになるにつれ、事件の真相は全く違ったものとなっていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ