プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

日曜劇場『日本沈没』芸人キャストが“真面目”に演技 ブラマヨ小杉、チョコプラ長田ら

日曜劇場『日本沈没』より (C)TBSの画像

日曜劇場『日本沈没』より (C)TBS

 俳優の小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(10日スタート 毎週日曜 後9:00)の追加キャストとしてお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、チョコレートプラネットの長田庄平、空気階段の鈴木もぐら、バッファロー吾郎Aの出演が発表された。面白さを封印した“真面目”な演技で作品を彩る。

【写真】松田丈志が潜水艇の乗組員役!

 原作は、幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。

 小栗が今作で演じるのは主人公・天海啓示。目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

 追加キャストとして発表されたのは、主人公・天海啓示らが守るべき日常を送る市井の人々。山田愛(与田祐希)が働く居酒屋の店長役に鈴木、その居酒屋の客役にバッファロー吾郎A。テレビやネットの情報番組のコメンテーター役に小杉、長田が起用された。

 さらに、潜水艇の乗組員役として五輪競泳メダリスト・松田丈志も出演する。今作で潜水艇が登場するのは、関東沈没説を提唱する田所博士(香川照之)と、その説を真っ向から否定する世良教授(國村隼)の2つの説を天海が検証することになる重要なシーンとなる。また、天海の環境省の上司・藤岡勲役で小林隆の出演も決まった。

<松田丈志>
オファーが来たときは驚きました。演技に苦手意識があり、撮影中は引退してからは味わえない緊張感を味わいました。ですが、今回は「水の香りのする」役でお声がけいただいたので、頑張ってみようと思いました。日曜劇場のオファーをいただけたこと、そして素晴らしい方々とご一緒させてもらうだけでも光栄だなと思い、精一杯やらせていただきました。

今の時代にメッセージ性のある作品だと思っております。僕自身が参加させていただいたシーンは特に緊張感のあるシーンなので、参加した一人として伝わるといいなと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ