プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

大迫傑氏、引退も「人生は一生ランナー」 後進育成へ夢語る

『ワクチンインセンティブプロジェクト』アンバサダー就任記者発表会に参加した大迫傑氏の画像

『ワクチンインセンティブプロジェクト』アンバサダー就任記者発表会に参加した大迫傑氏

 前マラソン日本記録保持者で先日現役を引退した大迫傑氏(30)が1日、ディップ株式会社「ワクチンインセンティブプロジェクト」のアンバサダー就任発表会に登壇した。

【集合ショット顔を見合わせ笑顔の大迫傑&徳光和夫ら

 先月には、アスリートの育成・マネジメントを行う新会社「株式会社I(アイ)」の設立を発表した大迫氏は、コロナ禍での活動について「コロナ禍で、スポーツ選手に限らず、多くの業種の方々が苦労されていると思います。僕ら(アスリート)は、その苦労を体現する立場として、その苦労に精神的に勝っていかなければならないなと。その頑張っている姿を見せて、みなさんを元気にできるよう意識していました」と説明。

 さらに「競技としては引退しても、人生は一生ランナー。スポーツを通して学んだスキルを共有したい」と新たな夢を口にした。

 アンバサダーに就任した大迫氏は、アメリカやケニアにも長期滞在していた経験もあり、五輪前にはアメリカでワクチンを2回接種したことを告白。「副反応よりも感染リスクの方を重視しました。ワクチンを打つことで、自分も他人も守ることができると考えました」とワクチン接種に対する自身の考えを語った。

 また、「海外で活動をしていると、ワクチンを打たないことが障害になって、何もできないということもあります」と話した上で、「そういった経験を活かして、ワクチン接種を勧める活動ができるのはありがたいです」と、今回のアンバサダー就任に対する意気込みを語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ