プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

清原果耶、ノースリ衣装で笑顔 佐藤健が妄想「こんな妹がいたら」

ノースリ衣装で登壇した清原果耶 (C)ORICON NewS inc.の画像

ノースリ衣装で登壇した清原果耶 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤健、阿部寛、女優の清原果耶、瀬々敬久監督が1日、都内で行われた映画『護られなかった者たちへ』の公開初日舞台あいさつに登壇した。

【動画】佐藤健、清原果耶が妹だったら「彼氏とかチェックしちゃう」

 清原はノースリーブのロングドレスで登場。登壇の3人で別作品を撮るならというお題に「阿部さんと佐藤さんと家族の話をしてみたい。事件なんてなくていいので穏やかな家族の話を」と希望した。

 阿部は「僕は、どんなお父さんがいいですか? コミカルなお父さん、厳しいお父さん?」と質問。清原は「コミカルなお父さんがいいです」とお願いすると、阿部は「わかりました」と了承していた。

 一方の佐藤は兄という配役で「いいよね。こんな妹がいたら、どうなんでしょうね。彼氏とか連れて来たら2人で怒ったりするんですかね?」とイメージ。阿部が「ネチネチね」と同調し、2人の中で妄想が盛り上がっていた。

 同作は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件を追うミステリー。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの男・利根(佐藤)。刑事の笘篠(阿部)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか。利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ