プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

大木優紀アナ、18年半勤めたテレ朝退社へ 40歳の決断で視聴者に感謝「幸せなことばかりでした」

大木優紀アナウンサー (C)ORICON NewS inc.の画像

大木優紀アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

 テレビ朝日の大木優紀(40)アナウンサーが1日、同局のブログで退社を発表した。

【写真】『くりぃむナントカ』特番で育休から復帰した大木優紀アナ

 ブログでは「このたび、テレビ朝日を退社することになりました。本日まで『スーパーJチャンネル』に出演し、その後、時期を見て正式退社する予定となっております」と報告し、「失敗や力不足が目立つアナウンサーでしたが、叱咤激励しながら18年半も働かせてくれたテレビ朝日には、本当に感謝しております」と感謝。

 続けて「見守ってくださった視聴者の皆様、きょうまで本当にありがとうございました。真っ黒なレンズの先に多くの人がいることが、時に怖かったりもしました」と打ち明けながら、「でも結局、その先で多くの人が見ていることが、この仕事の存在意義であり、私のやりがいでした。だからこそ、ここまで続けることができたのだと思います」と振り返った。

 退社後は「アナウンサー業からは離れます。40歳、新しいことを始めるにはちょうど良いタイミングかと思い、決断いたしました。アフターコロナを見据えて、自分ができることを模索していきたいと考えております」とし、「18年半…思い返すと幸せなことばかりでした。本当に、ありがとうございました」と伝えた。

 大木アナは、2003年に入社し、04年にスタートしたバラエティ番組『くりぃむナントカ』でアシスタントMCを務めると人気に。その後、『スーパーJチャンネル』『題名のない音楽会21』などに出演した。プライベートでは2010年に6歳年上の一般男性と結婚。13年5月に長女、15年12月に長男を出産している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ