プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

『カプリコ』“ふぞろい品”販売でフードロス削減へ おいしさはそのまま、値打ち価格で

江崎グリコ『ジャイアントカプリコ<いちご>ふぞろい品』の画像

江崎グリコ『ジャイアントカプリコ<いちご>ふぞろい品』

 江崎グリコの『ジャイアントカプリコ<いちご>』が、形がふぞろいで販売することができずにいた商品を10本詰め合わせにして22日より数量限定で発売する。

【画像】「たきのこの山里」「えのきの山」…新製品続々!?“パロディお菓子”作品集

 同商品は、チョコレートを膨らます製造工程でふぞろい品が発生していた。社内の良品基準に当てはまらず、販売することができなかった“ふぞろい品“を無駄にすることなく、フードロス解決の一助につなげたいとの思いから販売を開始。

 形はふぞろいだが、おいしさはそのまま。ふぞろいな『カプリコ』をそれぞれの個性としてイメージしてもらうようなパッケージデザインに仕上げている。

 同社では、今年3月に『Glicoグループ環境ビジョン2050』を策定し、環境課題への解決に向け、積極的に取り組んでいる。高度な需給予測により過剰在庫を持たない取り組みや、風味などの基本的な品質は満たしているものの、形状に欠けがあるなどの規格外商品のアウトレット販売を行うなど、食品廃棄物を95%(2015年比)削減することを目指している。

 『ジャイアントカプリコ<いちご>ふぞろい品』は、ぐりこ・やの一部店舗やコーナーにて販売(想定価格:税込735円前後)。通販チャネルでの販売も予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ