プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

剛力彩芽「まったく違う3人の剛力を見てほしい」 全3作品10・24全編世界初公開

剛力彩芽のショートフィルム『卵と彩子』よりの画像

剛力彩芽のショートフィルム『卵と彩子』より

 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2021』秋の国際短編映画祭は、女優・剛力彩芽が日本人監督と共に多彩なる才能を世界へ発信していくクリエイターズプロジェクトにより制作したショートフィルム全3作品を、24日に東京都写真美術館で全編世界初公開することを発表した。

【動画】まったく違う3人の剛力彩芽を描き出すショートフィルム

 映画祭に集う監督3人と剛力がタッグを組み、ドラマチックな女性の人生を描く衝撃3作品は、井上博貴監督『傷跡』、大森歩監督『卵と彩子』、洞内広樹監督『MASKAHOLIC』。“男から逃げる女”“シングルマザー”“マスク依存症”など、これまで剛力が演じたことのない役を熱演し、新境地に挑戦している。

 各作品はシネマ・オン・ザ・バイユー映画祭(アメリカ)、ファストネット映画祭(アイルランド)、ミニキノフィルムウィーク バリ国際短編映画祭(インドネシア)など海外映画祭など複数の入選を果たしている。

 剛力からは「まったく違う3人の剛力を見てほしい」と動画コメントも到着。なお、10月24日の初公開の場には、井上博貴監督、大森歩監督、洞内広樹監督の3人が登壇。剛力からは当日の会場に向け、制作時のエピソードなどを語るスペシャルコメントも上映を予定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ