プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

石原さとみ、撮影現場で見せたリアルな“ママ”の顔 娘の写真を待受に

映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)お誕生日会シーンの撮影現場にて(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会の画像

映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)お誕生日会シーンの撮影現場にて(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

 女優の永野芽郁が主演、田中圭、石原さとみが共演する映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)。本作で、“魔性の女”と“娘を想う母”、”梨花”という一人の中に二つの女性像を確立させ、物語のキーパーソンとして存在を色濃く残すキャラクター梨花を演じた石原にフォーカスした撮影現場レポート&メイキング&オフショットが到着した。

【写真】子ども誕生日会のお手本にしたい料理にも注目

 同映画は、2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこによる同名小説が原作。4回苗字が変わった優子(永野)と義理の父・森宮さん(田中)、自由奔放な魔性の女・梨花(石原)と義理の娘(稲垣来泉)。つながりのない2つの家族の物語。

 水戸さん(大森南朋)と結婚し、みぃたん(稲垣)のママになった梨花が、みぃたんの誕生日を盛大に祝うシーン。本作の2つの家族の物語には、キャラクターを掘り下げて創り上げた4つの家が登場するが、この日の撮影現場は、一段と華やかで賑やか。以前は生活感にあふれ、地味だった水戸家に、梨花がやって来たことで、みぃたんの部屋はカラフルでかわいいインテリアが揃えられ、壁紙から小さな雑貨まで梨花の美意識がさく裂したお洒落な部屋に大変身する。

 その部屋のカラフルさ以上に華やかなのが、梨花の衣装とヘアメイク。このシーンに限らずではあるが、梨花のファッションセンスはずば抜けている。誕生会のシーンでは、オーガンジー素材の花柄のワンピースに真っ赤な口紅、みぃたんの友だちが「かっこいいね」と眩しがるようなコーディネイトを普段着のように着こなしてしまう。ファッションアイコンとしても影響力の高い石原さとみの面目躍如だ。

 華やかな衣装に身を包み、母親のイメージがまるでつかない石原が演じるのが、本作でキャリア初のシングルマザー役。娘のみぃたん役の稲垣はすっかり石原に懐き、カメラが回っていないときも石原のことを「ママ!」と呼ぶほど仲がよく、待ち時間にはベッドの上でごろごろしたり、現場には母と娘の楽しそうな笑い声が響いていた。

 まるで本当の親子のような二人の関係性はひとりでにできたものではなく、撮影前から丁寧に築き上げてきた賜物で、クランクインの前の顔合わせでは前田哲監督が石原と稲垣が二人きりになる時間を用意。石原はその当時の様子を振り返り。「“何をすればいいんだろう”とハラハラしたのですが、くるみちゃんが“さとみさん缶バッジ作りましょう”って言ってくれて、一緒に缶バッジ作りをしました。お互いの顔を書きあってプレゼントしあったり、縄跳びしたりフラフープしたりボール投げ合いっこしたり、実際に一緒に身体を動かして、コミュニケーションを取って、ハグして、一時間くらいですけどすごく楽しくて、手元に残る彼女の存在が出来ました。みぃたんのことを思っている時間の蓄積がみぃたんを想う気持ちと比例したらいいなと思い、その時に撮った2ショットをその日から携帯の待ち受け画面にしたら見事に気持ちが徐々に高まっていきました」と準備期間が短い中でも、表面上の演技にならないよう、撮影外の時間もみぃたんのことを思って過ごしていたという。

 「撮影を重ねるにつれ、みぃたん役のくるみちゃんとの仲がどんどん深まっていったのもリアルだった」、というのも石原自身が真摯に母親役と向き合い、みぃたんを実の娘のように接していたことを物語っている。

 撮影現場では子役とのコミュニケーションを取る一方で、石原の俳優としてのプロフェッショナルな一面も垣間見られた。本作で演じる”梨花”というキャラクターは、シングルマザー、自由奔放、魔性の女という、いくつもの個性を演技に滲ませなければならない、実はとても難しい役柄。この日の撮影シーンでは水戸さんに欲しいものを聞かれ「生命保険に入っといてくれないかな?」とさらりと返したり、水戸さんと別れ、泉ヶ原さんと再婚してからは泉ヶ原邸で堂々と婚活を始める“魔性の女”の一面を見せる梨花にはドキリとさせられながら、一方で前述のような“娘を想う母”の両方を混在させる演技は、前田監督も絶賛だった。

 石原は前田組初参加となるが、「監督は演出でも微妙なニュアンスを細かく指示してくださいました。監督の中での梨花の幅、深さ、高さがあるんだろうと思いますが、そこをちゃんと整えてくださったのがありがたかったです。私は結構指示されるのが好きなタイプでどんな感情のシーンでもいくらでもやりたいので、監督があきらめずに何度も何度も指導してくださったのはすごくうれしかったですし、信頼できました」とせりふの言い方、演技プランなどを積極的に提案し、監督と模索しながら芝居を決めていく姿も印象的だった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ