プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Aぇ! group佐野晶哉、映画初出演 『20歳のソウル』ドラムやピアノも披露

映画『20歳のソウル』神尾楓珠(左)の親友役でAぇ! group佐野晶哉(右)が出演(C)2022「20歳のソウル」製作委員会の画像

映画『20歳のソウル』神尾楓珠(左)の親友役でAぇ! group佐野晶哉(右)が出演(C)2022「20歳のソウル」製作委員会

 関西ジャニーズJr.内ユニット・Aぇ! groupの佐野晶哉が、神尾楓珠主演の映画『20歳のソウル』(2022年公開予定)で映画初出演を飾ることが明らかになった。佐野は「はじめての映画出演がこの作品であったことにとても意味を感じています」と喜びを語っている。

【写真】「市船soul」を作曲した浅野大義さん(ご本人)

 千葉県船橋市立船橋高校で代々受け継がれている「市船soul」という応援曲を作曲し、がんにより20歳という若さで短い人生の幕を閉じた浅野大義さんの実話「20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド」(著:中井由梨子/小学館)を神尾と佐藤浩市の初共演で映画化。

 佐野が演じるのは、主人公・浅野大義(神尾)の親友・佐伯斗真役。大義と同じ吹奏楽部員で打楽器を担当。容姿端麗で、音楽の才能もあり、何不自由ない青春を過ごせるはずが、学校生活、部活動に悩む日々を過ごしていた。しかし、大義の何事にも真剣に向き合う姿に心を動かされ、「市船soul」の作曲を手伝い、また大義が病にかかってからは、傍で励まし、最期までともに青春を過ごす。

 佐野自身、現役の音大生でもあり、グループでは、ドラムを担当。その他にもサックス、ピアノなどを演奏することができ、本作では打楽器とピアノの演奏を披露する 。「ひとりでも多くの方に大義くんの作った曲と生き様が届き、僕が勇気をもらったように誰かの勇気になったらうれしいです」と、メッセージを寄せている。

 秋山純監督は「芝居に加えドラムやピアノの生演奏がある難しい役。佐野くんは、見事に斗真としてそこに存在してくれました」と佐野の演技について絶賛している。

■佐野晶哉のコメント(全文)
 はじめての映画出演がこの作品であったことにとても意味を感じています。 監督は、僕も大義くんと同じようにずっと音楽のそばで生きてきたことに触れ 「存在するだけでいい」と言っていただき緊張を解いてくださいました。 撮影前から市船高校のジャージを着てピアノやドラムを練習していたので、 先生や部員のみんなの中での撮影は二回目の高校生活のようでした。 ひとりでも多くの方に大義くんの作った曲と生き様が届き、 僕が勇気をもらったように誰かの勇気になったらうれしいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ