プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

V6『日経エンタテインメント!』表紙 “勤続26年アイドル”として歩んだ道語る「僕たちはやり切れた」

『日経エンタテインメント!』11月号の表紙を飾るV6の画像

『日経エンタテインメント!』11月号の表紙を飾るV6

 人気グループ・V6が、10月4日発売のエンタメ専門誌『日経エンタテインメント!』11月号(日経BP刊)の表紙に登場する。「僕たちの歩き方」と題し、ファイナルリリースになる2つのアルバムの制作秘話やこれまでの活動の意義など“勤続26年アイドル”として歩んできた“V6の時間”について深く語っている。

V6のテレビ出演歴

 11月1日で26年間のグループ活動を完結させる彼ら。昨年コロナ禍の中で25周年を迎え、エンタメ界はその後も厳しい活動制限が続いているが、この約2年は「丁寧に、納得のいくものを」という姿勢を改めて意識し、ひとつひとつの仕事に向き合ってきたという。

 9月に発売したオリジナルアルバム『STEP』はそれを象徴する一作。収録曲「雨」のMVは岡田准一監修のもとで制作された。何かに救いを求める悲愴感を各メンバーが演技で表現している内容について岡田は「ソロで積み上げてきた表現は、グループに還元できているんだろうかとずっと考えていた。出来上がったものを見て、メンバーのポテンシャルを改めて感じた。あの空気は、今のV6だからできるんだろうな」と手応えを見せる。

 10月26日にリリースされるベストアルバム『Very6 BEST』(ベリーシックスベスト)の曲目は、400曲以上あるV6のアーカイブを議論しながら決定。坂本昌行は「6人+エイベックスの音楽チーム、マネジャーみんなで議論して、全員が納得して作れたこのベストアルバムは、本当に”ベスト”なんじゃないかと思う」と力説。

 改めて聴くまでもないおなじみの曲ですら全員で聴き直したという手間のかけよう。楽曲に抱いていた思いを明かす場面も多かったというその時間は“活動の答え合わせ”にもなったようで、長野博は「このタイミングでメンバーみんなとそれができて本当によかった」と言う。

 また、V6は最後まで単独でドーム公演をやらなかったが、それについては三宅健がライブに対するポリシーを詳しく明かしている。個人活動がいくら拡大しても、26年間1人も離脱者が出なかったことについては、井ノ原快彦が前社長のジャニー喜多川氏の言葉を引用しながら説明。そして森田剛は「その中で僕たちはやり切れた」とすがすがしく語った。

 ソロインタビューのほか、全員参加の座談会では、ベストアルバムに収録されている撮り下ろしミュージックビデオ(MV)『Full Circle』や現在開催中のライブツアーの話も。ツアー最終日はグループ完結の日。この日の会場が彼らのホーム「国立代々木競技場 第一体育館」でなくなったこと、また、生配信に対する率直な心境とは。

 同号の第1特集は、radiko、Padcast、音声ドラマなど、拡大する”聴くエンタメ”の最前線を追った『ラジオ&音声メディア黄金時代」』。ほかに、米倉涼子、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、Stray Kidsらのインタビューも掲載。また、現在ミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』に出演中の堂本光一と井上芳雄が、同作を演出する世界的演出家、ジョン・ケアードに海外の演劇事情をレクチャーしてもらう独占企画も掲載される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ