プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『怒り新党』最後のメールは夏目三久 マツコへ感謝の手紙 笑顔で芸能界を引退「ありがとうございました」

『マツコ& 有吉 怒り新党 解散生放送スペシャル』より(左から)有吉弘行、マツコ・デラックス、夏目三久アナ(C)テレビ朝日の画像

『マツコ& 有吉 怒り新党 解散生放送スペシャル』より(左から)有吉弘行、マツコ・デラックス、夏目三久アナ(C)テレビ朝日

 きょう30日で芸能界を引退するフリーアナウンサーの夏目三久(37)が、夫でお笑いタレントの有吉弘行(47)とともに『テレビ朝日系で生放送される『マツコ& 有吉 怒り新党 解散生放送スペシャル』(後8:00~9:48)に出演。2人の出会いのきっかけともなった番組で、マツコ・デラックス、有吉、夏目の3人が今年の4月以来、約5ヶ月ぶりに顔をそろえた。

【写真】有吉&夏目夫妻とマツコ・デラックスの最後の3ショット

 最後のメールとして夏目が読んだのは夏目自身が書いたマツコへのメッセージ。 「私には20代後半に出会い、同じチームで仕事をさせていただいた先輩がいます。どんな時も決して手を抜くことなく、いつも最高のパフォーマンスを見せてくださいました」とし、マツコのおかげで今の夏目があるという。

 夏目が番組を離れ、会う機会も少なくなったというが「陰ながらお仕事ぶりを見ていました。ある日、何年かぶりにお仕事をさせていただく機会がありました。その方はお会いしてすぐに、こうおっしゃいました。『こうやって会うと、かわいらしい部分も残っているけど画面を通すと一切なくなるわね』。マツコさんならではの愛ある本質を突くお言葉でスタッフさんは笑っていましたが、私はマツコさんが少しでも気に留めてくださったことが、とてもうれしく、こっそりと感激しておりました」と知られざる会話を明かした。

 「私にとっては恩人であり、道しるべであり、大好きな先輩であります。本当にありがとうございました。無理はなさらず、健康第一でお願いします」と夏目は締めくくる。心温まるメッセージだがマツコは「全然、涙って出ないものね」とぽつり。有吉は「なんで泣かないの!」と苦笑いで注意していた。

 最後は3人で“家族写真”を撮影。夏目は「私がこの世界を去るということで、このような舞台をテレビ朝日の皆さん、『怒り新党』の皆さん、『かりそめ天国』の皆さん、そしてマツコさん、用意してくださってありがとうございます。私はこの世界を去りますけれど、皆さん、コロナでなかなかつらいこともあると思いますが、かりそめ天国を見て笑っていただけたらと思います。ここまで続けてこられたのも視聴者の皆さんが応援してくださったおかげです。皆さんのおかげでここまでやってくることができました。本当にありがとうございました」と引退のあいさつを行った。

 すると、有吉は「旦那みたいな顔してすみません!」と謝罪し、マツコから「旦那だろ!」とツッコまれていた。流れるようなやり取りで全員が笑う。そのまま夏目は笑顔で芸能界を引退した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ