プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

竹中直人『デジモン』新作にレギュラー出演 ナビゲーターで次週予告にも毎回登場

竹中直人(C)本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーションの画像

竹中直人(C)本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション

 俳優の竹中直人が、フジテレビで10月3日放送スタート(毎週日曜 前9:00)の人気アニメ『デジモン』シリーズの新作『デジモンゴーストゲーム』に、ゴーストナビゲーターとしてレギュラー出演することが発表された。

【写真】主題歌担当の藍色アポロ&Wienners

 竹中といえば近年、昨年公開された映画『君の彼方』の殯(もがり)役や、映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の金獅子のシキ役など、アニメの声優や洋画の吹き替えなども担当している。今回務めるゴーストナビゲーターとは、毎回番組冒頭で登場し、視聴者を『デジモンゴーストゲーム』の世界観へといざなう役割を果たす重要な存在で、人間なのか、デジモンなのか、はたまた全く別の生き物なのかは明らかにされていない。

 また、次週予告にも毎回登場するが、人間に向けられた少し皮肉が込められた独特なせりふが印象深い役どころとなっている。今月都内で行われた収録は、終始リラックスした雰囲気の中で行われ、竹中は重厚感のある声の中にも、時折おどろおどろしい、どこか背筋がゾクッとするような雰囲気も混じった独特の声色でゴーストナビゲーターの声を演じた。

 そして主題歌情報も公開され、オープニング曲は、玉屋2060%(ボーカル/ギター)率いる、4人組銀河系パンクバンドのWienners(ウィーナーズ)の新曲「FACTION」、エンディング曲には2020年結成のロックバンド藍色アポロによる「ペダル」に決定した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ