プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ニコラス・ケイジ、大好きな日本語は「お疲れ様でした」 日本学校に通った経験も

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(10月8日公開)(C)2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.の画像

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(10月8日公開)(C)2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ニコラス・ケイジを主演に迎え、園子温監督がハリウッドデビューを飾った映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(10月8日公開)。劇中でニコラスが日本語のせりふを言うシーンの本編映像が解禁となった。本作は滋賀県の彦根市を中心に撮影され、園子温組のスタッフをはじめほとんどが日本人という現場だったが、そこで「お疲れさまです」という日本語のあいさつに感銘を受けたことを語ったインタビューも紹介する。

【動画】ニコラス・ケイジ、劇中で「おいしい」と言う場面

 映画の舞台は架空の未来都市サムライタウン。悪名高き銀行強盗のヒーロー(ニコラス・ケイジ)はある日、街を牛耳る悪徳支配者ガバナー(ビル・ モーズリー)のもとから逃げ出したバーニス(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すよう命令を受ける。いったんはその命令を拒んだものの、制限時間を超えると爆発するスーツを無理やり装着され、ゴーストランドまでバーニスを追う羽目に。決められた時間内にサムライタウンに戻らねば自身の命が危ない。ヒーローは無事時間内にバーニスを連れ戻すことが出来るのか?

 解禁された映像は、ニコラス・ケイジ演じるヒーローが、ゴーストランドでバーニスと子どもたちにお茶をご馳走になる場面。子どもたちは見知らぬ来訪者に怯えた表情をしているが、ヒーローが「ありがとうございました」とお茶を受け取り、一口飲んだ後に「おいしい」と日本語で礼儀正しく気持ちを伝える。その姿にゴーストランドに住む子どもたちと、ヒーローとの心の距離が一気に縮まってゆく、そんな温かいシーンとなっている。

 9月中旬に行われたインタビューで、劇中の日本語について「とても上手でしたね!」とほめられたニコラスは、子どもの頃、父親に「日本語は未来の言語だ、ビジネス面で助けになる」とロサンゼルスのオレンジ郡にある日本学校に4年生から通っていたエピソードを披露。「悲しいことに、僕は学んだ日本語をほとんど覚えていない。覚えていたらよかったのにと思うよ。父は正しかったんだ」とほとんど日本語を覚えていないことを後悔していると語った。

 今回の撮影中に覚えた日本語が「お疲れさまです」。ニコラスは「僕が大好きな日本語だよ。“お疲れさまです”。一生懸命働いたことに感謝してもらえる。とてもありがたく思うよ。アメリカには『お疲れさまです』って日常的に言うようなことはないからね」と、「お疲れ様です」に込められた感謝の気持ちが気に入ったようだ。

 日本語にまつわる話で、映画監督であり叔父のフランシス・フォード・コッポラとのエピソードを思い出したニコラスは、こんな話も披露してくれた。「面白い話をするね。僕が子どもの頃、サンフランシスコの叔父のお屋敷によく行ったんだ。フランシス(・フォード・コッポラ)おじさんは、ソニーの社長と友達だった。彼の名前はサムっていうんだ。彼が東京からやって来て、大きなパーティーを開いた。フランシスは、甥(ニコラス)が日本学校に通っていることを自慢しようとしたんだ。そしたら、ソニーの社長のサムは、『オッケー。もし日本語を話せるなら、どんな言葉を知っているの?』って言った。それで僕は、『ヤサイ』って言ったんだ。彼は、『おお、オッケー。それは興味深いね。ほとんどの人々は、『グッドモーニング(オハヨウゴザイマス)』とか『ハロー(コンニチワ)』とか言うのに、きみは『野菜』って言ったね』って言っていた。なぜ僕がそう言ったのかわからない。愚かだね。でも、可笑しかったよ」。

 

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ