プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

赤西仁の弟・赤西礼保「いつか兄弟でコラボできたらいい!」 打ち明ける“兄弟仲”

ネイルサロン『ARCANA』に訪れた赤西礼保の画像

ネイルサロン『ARCANA』に訪れた赤西礼保

 歌手・赤西仁の弟で、俳優・ミュージシャンの赤西礼保が、このほど、メンズネイルケア専門店『ARCANA』(東京・麻布十番)を訪れ、メンズネイルケアについて、そしてコロナ時代にエンターテインメントを生み出す意義、さらには実兄・赤西仁との絆やコラボレーションの可能性などを赤裸々に語った。

【写真】ネイル中の横顔もキレイな赤西礼保

 今やネイルケアは女性だけのものではなく、気軽なおしゃれとして男性にも浸透しつつある美容トレンド。目に優しい間接照明でぼんやりと映し出されたエレガントな空間で、リラックスモードの赤西の口からは、施術を通して印象が激変したメンズネイルケアや、兄とのコラボレーションの可能性が語られた。

――メンズネイルケアについてどのような印象をお持ちですか?
赤西礼保:ここ数年メンズケアの話題を耳にすることも増えて、自分自身も興味はありました。でもネイルとなると女性のものというイメージが強くて。今回このような機会をいただいて嬉しいです。…と言いながらも、実はARCANAさんにお世話になるのは今回で2度目!プレオープン時に爪を綺麗にしていただきました。一度綺麗になってしまうともうダメですね(笑)。継続して綺麗にしたいという心が目覚めました。それほど満足したということです。

――メンズネイルケアの魅力に気づいてしまった…ということですね!
赤西礼保:男って爪を切るのを億劫がりますよね。かつての自分もそうでした。でもいざメンズネイルケアを体験すると、自分の爪も人の爪も気になるようになって。飲食店ではメニューを運ぶ店員さんの手が気になったりして、チラッと爪の清潔感をチェックしてしまう自分がいます。

――ツルツルの綺麗な爪に周囲の反応は?
赤西礼保:反応があったというか、むしろ自分から「この爪、綺麗でしょう!?」と見せびらかした(笑)。無駄に手を差し出すことも増えましたね。髪の毛を切るとサッパリと新鮮な気持ちになりますが、それと似ていて日常生活において気持ちの面でプラスに作用。「自分で爪を切ればいいのでは?」と思う男性もいるかもしれませんが、メンズネイルケアはケアという言葉通り、爪周りの皮膚のケアにもなるので高ポイント。特にこれからの季節は肌が乾燥して指先が荒れることも多いので、指先ケアという点でもメンズネイルケアはおススメです。

――兄・赤西仁さんに綺麗な爪を見せたりとかは?
赤西礼保:彼は今アメリカにいるのでこの爪を見せることはできませんが、今度電話で会話する機会があったら、僕のメンズネイルケア経験を教えてみたいです(笑)。

――礼保さんにとって、お兄さんとはどのような存在ですか?
赤西礼保:家族ですし、仕事の面で尊敬もしていますし先輩です。お互いの活動もチェックしているし、先日僕がライブを開催する際は「頑張って!」と事前に連絡をくれて応援してくれました。兄弟コラボですか? そうですね、いつか兄弟でコラボレーションできたらいいですね!

――まだまだコロナ禍は続きそうですが、そんな中にあっても礼保さんは表現活動に邁進していますね。
赤西礼保:エンターテインメントとは、生きる活力を与えてくれるものです。僕は自分の表現を通して、ファンの方々にインスピレーションを与えて、前進するきっかけを作りたいという気持ちで活動しています。時代はコロナ禍で世界的にも疲弊しています。エンタメは不要不急という声もあり、正直気持ちが負けそうになるときもあります。でも僕は今出来ることを見極めて向き合ってやっていくしかないという気持ちです。応援してくれているファンの方々にいいものを届けたい、その一心が今の僕の原動力です。

――ファンの皆さんは、礼保さんの清潔感溢れる指先にどんな反応を示しそうですか?
赤西礼保:僕にとってのファンはもはや家族みたいなもの。人間とは年齢を重ねるごとに体は変化し、衰えていくものです。ネイルケアもそうですが、自分磨きは自分自身を輝かせて、気持ちを明るく前向きにしてくれます。気分転換をしたいという軽い気持ちでもいいので、メンズネイルケアを一度体験するのもありだと思います。

――ご自身が実践している自分磨きなどはありますか?
赤西礼保:コロナ禍で太ってしまったこともありますが、ライブに向けて2ヶ月半で10キロ近く減量しました。しっかりと食べて、しっかりと運動するという健康的なスタイルで達成することが叶いました。ちなみにトレーニング後のご褒美は、目玉焼きを乗せたソース焼きそば。昔から焼きそばの麺が大好きで…。具はキャベツだけで充分! お肉は不要です。

――メンズネイルケア後に食べるソース焼きそばは普段よりも一層美味しそうですね!
赤西礼保:たしかにメンズネイルケアによってピカピカした爪で食べる焼きそばは美味しそう。気分も上がっているので、普段よりも味わい深くなるかも。この施術が終わったら早速食べに行きたいと思います(笑)。

 紳士のたしなみとして赤西礼保もハマりつつある、メンズネイルケア。アーティスト、そしてパフォーマーとして飛躍を感じさせる彼の指先がステージ上で美しく輝いているとしたら、それはARCANA生まれのキラリとした光であることは間違いなさそうだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ